ウマ娘、キャラソンおすすめランキングトップ10

2023年2月1日水曜日

ウマ娘

t f B! P L

2024年4月21日追記

この記事を書いてからたぶんウマ娘にも新しいキャラソンが続々?増えていってるんでランキングとは別にいいと思ったキャラソンを記事前半に追加(マチカネタンホイザ、シュヴァルグラン、ツインターボ、ワンダーアキュート)した。

--------------


ウマ娘のキャラソンのおすすめをランキングにした。

ただキャラソンに限らず音楽ってのは人それぞれ感じ方が違う。だから人によってはエアグルーヴのキャラソンが一番好き、とかメジロライアンのキャラソンがいい、とかもちろんあると思う。

ここでは個人的にこの曲がキャラソンとして完成度がすごい、という観点でウマ娘のキャラソンおすすめをランキング形式で書く。


マチカネタンホイザ「TAILWIND」


いい。すっごいいい。

声の加工がすごいいい。声の部分でいうと1位じゃないかなー。実際、今ランキングを再編するなら1位か2位にすると思う。それくらいおすすめ、というか完成度がすごい。

パソコンで声を加工してる人のセンスがすごい。たぶん中居正広の歌でもいい感じにリミックスできる天才が仕事した結果出来上がった、キャラソンにあるまじき奇跡のバランスに仕上がった曲。

この曲が結婚式は…そりゃまあきついけど、例えばミニオンズみたいなエンディングだけ日本向けに日本語になってるアニメ映画とで流れてきても違和感ない。

歌っぽい部分、セリフっぽい部分、声を楽器みたいに使う塩梅、これ全部ひとりの声優の声加工して作ってんだよなー、と思うと改めて驚きしかない。

もしくはエコーのかかる周波数特性をすべて把握して声を作りながら歌った声優がすごいのかもしれない。


ただ何言ってるのか歌詞は意味不明。作業しながら聞いてたらまじでまったく日本語と思わなかった。マチカネタンホイザの代名詞とも言えるえいえいむんすら最初えいえいむんと気づかないくらい声を声として聴いてなかった。何度か聞いてて「あ、ここ、えいえいむんっていってるんだぁ~」だった。もう感想ぜんぶひらがな。

ちなみに曲名の「TAILWIND」は追い風って意味。


シュヴァルグラン「僕が憧れた青」


ヨルシカっぽい。

こっちはマチカネタンホイザのような声の加工がどうのじゃなくて、声そのまま使ってるっていうのがいい対比になってる。歌が上手い。

ランキングに入れるとするなら3位くらい。耳に負担が少なく作業中聞きやすいのもおすすめポイント。


あんまり書くことないな…。なんだろ、普通に曲として完成度が高いし、歌も上手い。歌が上手いからキャラソンっぽくなくなってる曲。これが葬送のフリーレンのOPでも何も違和感なく聴いてると思う。何がすごいってキャラソンなのにキャラの声で歌ってないってトコロだよな。清々しい。マジでこれっぽっちもシュヴァルグランじゃない。普通に気持ちよく歌っちゃってる。

だめだ、もう何も出てこない。あんだけマチカネタンホイザの方文章書いたし、序盤も序盤に対比がどうのみたいなの書いたからせめて7割くらいの分量は稼ごうと思ったけれど、無理。限界。

自分で自分の首を絞めるってこのことだね。首を絞めたから言葉が出てこないってことで。いい感じにまとめた感出しつつ次行きましょう。


あ、無理やり書くとサビの所のベースの半音進行が好きです。たぶんラ、ラ#、シ、ド~♪って上がっていってると思う。合ってたら10ptください。


ワンダーアキュート「悠々閑々」


普通にいい曲。

Key作品っぽい。Key作品ヘブバンしかプレイしたことないけど、イメージでKey作品っぽい。

生茶のCMで流れてそう。


ツインターボ「ぶっとびかっとび全開エンジン!」


これぞキャラソン。

ノリもいいし、日常系アニメのOPとして採用できるクオリティ。ここまでブレないキャラソンって逆にかっこいいと思う。やっぱりどうしてもなにか作るってなったらカッコつけたり斜に構えたりしがちだと思うんだけど、そういうのが一切ない。

本当にきれーに一本、真ん中に筋の通ったキャラソン。もうフキと同じ。


あとこの曲、たぶんだけどダイタクヘリオスとかが出てたユーロビートアレンジ?の企画でアレンジしてもカッコよくなると思う。


あと、ツインターボ関係ないけど最近耳にしたウマ娘のキャラソンの中で勧めるほどでもなぁ…、というちょっと惜しかったキャラソンを最後に。

  • タップダンスシチー「DANCE!DANCE!ROMAN」:スイングの曲調でカッコいい。けどこの曲はもっと声に凄みがないと成り立たない曲だと思う。曲に声が負けてるというか。Superflyが歌ってたら文句ない楽曲
  • ツルマルツヨシ「Play Again」:曲調は爽やかでいいんだけどサビが弱い。ただツルマルツヨシにこの曲を提供したのはどういう意図なんだろう。普通にいい曲だから、ほかの人気キャラにあてがうべき曲な気がする
  • ヒシミラクル「平凡、時にミラクル」:声がいい。ただマチカネタンホイザと比べると少し弱い。ただ結局ちょっとしょぼめの曲の方が繰り返し聞いてて楽だからヒシミラクル、けっこう作業中聴いてしまってる
  • スマートファルコン「立ち位置ゼロ番!順位は一番!」:ダート勢は冷遇がひどいよな。イベストにダート勢が出てきた記憶がない。そんな中でキャラが追加されるごとにキャラ評価が上がっていくファルコン。ダート界のキングヘイローと言ってもいい。曲も現代音楽にしては珍しく、クラシックらしく演奏速度をサビで上げてるっぽくってこだわりを感じる。ポピュラー音楽は音符の振り方で速度を調整するからなー。演奏速度を変えてくるのはキャラソンのレベルを超えてる
  • ラインクラフト「Over a Tiara」:いい曲。ヒロアカのOP


10位:テイエムオペラオー


これぞキャラソンという事でランキングギリギリ10位に。

間に挟まってくる合いの手がかわいい。そうそうキャラソンってのはこういうのでいいんだよ、っていうやつ。いい曲かどうかは知らない。

同じ系統でいうとハルウララ、スペシャルウィークとあるけど、テイエムオペラオーのキャラソンが一番ハジけてたんでエントリー。


9位:サイレンススズカ


アップテンポ系が多いウマ娘のキャラソンの中でかなり珍しいスローテンポ系のキャラソン。

いい感じのアニメのEDで水彩画的なふわっとしたイラストの中流れてそう。

似たようなのでいうとライスシャワー、グラスワンダーのキャラソンがある。ライスシャワーとは正直迷ったけど、どっちでもよかったんでサイレンススズカの方でエントリー。


…ん?グラスワンダー?

いやなんか息の抜き方がババ臭くて、あんま好きじゃない。「おどろいたぁぁ♪」「となりですぅぅぅ♪」「まいにちがぁぁぁぁ♪」。そこまで空気抜かなくても。もと澄んだトーンで歌えばいいのに。


8位:マチカネフクキタル


とにかく耳に残る。曲としていいかどうかはわからない。

最近マチカネフクキタルがちょっとかわいく見えてきてしまった。こんだけマルチ商法感のあるキャラなのに。完全にアムウェイの顔してんだよな、コイツ。

似たようなキャラソンがウマ娘内にないのも高評価。


7位:ナイスネイチャ


正統派な感じがいい。キャラソンだけど微妙に耳に残るちょうどいい個性が光る…と思う。

さわやかでいい。イントロがマリオカートみたい。

エアグルーヴとかタマモクロスとかけっこうありがちな曲調なんで、かなり好みが分かれるところだろうと思う。タマモクロスとは迷ったけどナイスネイチャのキャラソンの方が個人的に好きだったんでこっちで。

さわやかさ枠、だな。


んでどっちかっていうとタマモクロスやエアグルーヴは競合するなら1位の枠、なんだよな。ただ、1位が強すぎて比較するとどうしても勝てないというか。


6位:エルコンドルパサー


おジャ魔女どれみとかで流れてそうな曲。曲として完成度が高いと思う。

今だとプリキュアとかなのかな。歌ってる人の声がそういうアニメに向いてるのかもしれない。

ただオレの中でのエルコンドルパサーはアニメ1期の凱旋門賞の後、スぺに海外から電話してるときの、あの勝てなかった感じのエルコンドルパサーだから、この曲はそもそもエルコンドルパサーっぽくないんだよな。

ていうかアプリの方はもっとエルコンドルパサーを強キャラとして扱ってほしい。オグリキャップくらいに重厚感あるキャラなんじゃないの、競馬知らないからアレだけど。


5位:アグネスタキオン


急に変な音符入れてくる感じがキャラソンっぽくなくて耳に残るんでランクイン。

なんかアグネスタキオンとサイレンススズカが歌ってるライブ曲と雰囲気が似てる気もする。

冒頭いきなり虚数がどうたらこうたらでタキオン感出してくる。

アグネスタキオンのキャラソンも他にはない感じでいい。アグネスタキオンと似たような理論派キャラのエアシャカールとビワハヤヒデのキャラソンのショボさが浮き彫りになる。


なんていうかアグネスタキオンは運営に愛されてるよな。使いやすいポジにいるのかもしれないけど。

エアシャカールとかビワハヤヒデとかにも少しそのこだわりを分けてほしい。


4位:マルゼンスキー


単純に歌唱力が高い。

歌唱力がキャラソンのレベルじゃない気がする。歌唱力のみでランキングイン。


3位:メジロアルダン


これは上記キャラ愛溢れるyoutube動画ありきのランキング。堂々3位入着。

儚い感じがすごくいい。もう死んでるキャラの曲でしょ、これ。え、違うの?


ただまー、歌詞の中で「儚い」とか「バルコニー」とか入ってるのはさすがキャラソンだな、とは思う。もうちょい凝れたんじゃない?っていう。


とにかくギターのトレモロとラッパの勇壮感が曲のレベルを押し上げてる。

トレモロってのはサビでバックに入ってるピロピロピロ…(レロレロレロ?)、って聞こえるやつ。


2位:マーベラスサンデー


おしゃれ。ブラディオさんに歌ってほしいディスコ?ミュージック。

サビが「はい!ここサビ!」っていうサビじゃないから聞いてて新鮮。声が初音ミクっぽいのが減点対象か。そうじゃないなら1位かもしれない。

妙な中毒性がある。

イエローマジックオーケストラ、坂本龍一さんがいたバンド?が作った、そしてうる星やつらで流れてて幼い頃、テレビ大阪の朝のアニメ再放送で見て、「なんなの!?この曲」って親にすんごい興奮して報告してたらしい音楽である「ライディーン」に通じるものがあるというか。そういうノリのよさと昔っぽさが妙に耳なじみがいいというか。

個人的にはすごい好き。


1位:サクラローレル


カッコいい。堂々のウマ娘キャラソンランキング1位。

グレンラガンのOPとしか言えない熱い曲調、なんならグレンラガンのアニメ本編、ボス戦でいい感じにこっちが優勢の時にバックで音量小さめで流れてもいいくらい。

体弱い設定がきちんとシナリオに織り込まれてるならサクラローレル、ガチャりたいキャラだな。

ただ個人的には、一番いい所の「今終わったらハッピーエンド、今終わったらバッドエンド」の所は、「今終わったらバッドエンド、次終わったらハッピーエンド?」っていう歌詞の方がさらにぐっと来た。

歌いやすさとかいろいろあって今の歌詞なんだろうけど。


この「熱いアニソン」枠はマジで競合が多すぎて、その中でもメジロライアンはかなり競ってきた。

同じ作曲家なんじゃねーかな。めちゃめちゃ歌詞が息つく暇なく続いてく感じとか、浮遊感とかすごい似てる。

しらんけど。


ワースト1位

ヒシアマゾン


いやなんなんこれ。ドレミファソラシド、て。初めてのお使いかなんかかな。

曲調もヒシアマゾンとまったくあってないし、どういうつもりで作られた曲なんだろう。キャラの特徴を捉えられていない、という事でもはやキャラソンにもなっていない、という理由でワーストで。


ブービー「オグリキャップ」

んでオグリキャップもまあまあひどい。

作業中に聞いてたら誰の曲か全くわからない。まず声が違い過ぎる。


次点

多すぎて順位とかないけど、これいいなー、ってのを最後に列挙しとく。

  • メジロドーベル:なんかニュース番組のテーマ曲みたいだな
  • ダイワスカーレット:うん、11位の予定だった
  • タマモクロス:うん、11位の予定だった
  • ダイタクヘリオス:うん、11位の予定だった
  • マンハッタンカフェ:いや、声、だれ


まとめ

ウマ娘のキャラソンをランキングで書いた。

実際、10位から書いたけど、普段から聞きたい、というか実際に作業中に聞いてるのは1位のサクラローレルと2位のマーベラスサンデー、そして3位のメジロアルダンだけ。そのほかは正直個人的にはどうでもいい。完成度でランキング付けするとこうなっただけ。


あと、とにかくヒシアマゾンのキャラソンはマジで作り直してほしい。

もっとテイエムオペラオー的な感じでいいからキャラ感醸し出してよ。地球は周る、じゃない。そんなキャラじゃない。

あとラビリンス調の曲調も意味わからん。どこのテーマパークやねん。

記事一覧

最新の記事

伊坂幸太郎「グラスホッパー」感想と評価

QooQ