初代ポケモン図鑑の説明文を見る

2023年6月24日土曜日

t f B! P L

ちよのーとの方でポケモンの名言をさがしてるとき、そういやポケモン図鑑の説明文っておもしろいの多かったよなーで、いろいろ見てみる。

ここでは初代ポケモンのポケモン図鑑151匹分の説明文を図鑑ナンバー1から順に気になるものにはコメント(ツッコミ)を付けて紹介していく。


フシギダネ:うまれたときから せなかに しょくぶつの タネが あって すこしずつ おおきく そだつ。


フシギソウ:つぼみが せなかに ついていて ようぶんを きゅうしゅうしていくと おおきな はなが さくという。


フシギバナ:はなから うっとりする かおりが ただよい たたかうものの きもちを なだめてしまう。


ヒトカゲ:うまれたときから しっぽに ほのおが ともっている。ほのおが きえたとき その いのちは おわって しまう。

子供心になんて儚い…!と思った記憶がある。

雨の日とかどうしのいでるんだろう。雨の次の日はアスファルトのミミズがごとく、ヒトカゲの死骸がそこら中にちらばってるんだろうか。

あと話戻るけどフシギバナって何モチーフなん。トカゲとカメと、んでなんなん。あれ。


リザード:シッポを ふりまわして あいてを なぎたおし するどい ツメで ズタズタに ひきさいてしまう。


リザードン:ちじょう 1400メートル まで ハネを つかって とぶことができる。こうねつの ほのおを はく。

なんていうかスケールが御三家の中で違い過ぎる。格差について何とも思わなかったのか。


ゼニガメ:ながい くびを こうらのなかに ひっこめるとき いきおいよく みずでっぽうを はっしゃする。


カメール:ペットとして にんきが たかい。また けで おおわれた しっぽは ながいきする シンボルだ。


カメックス:からだが おもたく のしかかって あいてを きぜつさせる。ピンチの ときは カラに かくれる。

んじゃ、カメール飼っててカメックスになったら捨てるわな。


キャタピー:みどりの ひふに おおわれている。だっぴして せいちょうすると いとを かけて サナギに かわる。


トランセル:かたい カラに つつまれているが なかみは やわらかいので つよい こうげきには たえられない。


バタフリー:ハネは みずを はじく りんぷんに まもられている。あめの ひでも そらを とぶことが できる。


ビートル:もりや くさちに おおく せいそく。あたまの さきに 5センチぐらいの ちいさく するどい どくばりをもつ。


コクーン:おとなの からだを つくるための いちじてきな じょうたい。じぶんでは ほとんど うごけない。


スピアー:しゅうだんで あらわれることもある。もうスピードで とびまわり おしりの どくばりで さしまくる。

うん、まあ普通だな。よくある動物図鑑と遜色ない。

バタフリーなんてそのまま蝶の説明。ポケモン図鑑とは。


ポッポ:たたかいは すきではない。くさむらの なかに かくれて ちいさい むしなどを とらえる。


ピジョン:あしの ツメが はったつしている。エサの タマタマを つかんで 100キロさきの す まで はこぶ。


ピジョット:うつくしい ハネを ひろげて あいてを いかくする。マッハ2で そらを とびまわる。

この世界の何が怖いって、ポケモンとは別に普通に虫がいることなんだよな。

現実世界にもいる普通の緑虫の横にキャタピー(30cm、約3kg)がいるわけだから。普通の緑虫視点だと、進撃の巨人の世界観。

そうかと思えばポッポは30cmで普通にいるちょっと大きめの鳥。

ポッポと鷹の違い。教えてほしい。


ていうか鷹サイズの緑虫がいるってのは人によっては生きていけない世の中だろう。


「マッハ2」は…なんていうかもうツッコむ気が起きない。とりあえずポケモン図鑑はなんかしらんけど「2」っていう数字が好きです。


コラッタ:キバは ながくて するどい。いっしょう のびつづけるので かたい モノを かじって けずる。


ラッタ:うしろあしの ゆびは 3ぼんで ちいさな みずかきが ついている。かわを およいで わたる。


オニスズメ:いそがしく あちこちを とびまわる。たいりょくは すくないが オウムがえしを つかうと てごわい。


オニドリル:おおきな つばさで おおぞらを とびつづけることが できる。1にち おりなくても だいじょうぶ。

オニドリルはイナバの物置かな。

そういや因幡の白兎には雀が重要な役割を果たすし、これは狙ってやっているのかもしれない。


……



ん?因幡の白兎に雀出てこないの?

え、そうなの?ていうか因幡の白兎ってどういうストーリー?栗が弾けてサルが火傷しするやつ?


アーボ:くさちなどに おおく せいそくする。したを チロチロ させて まわりの きけんを かんじとる。


アーボック:おなかの もようが こわいかおに みえる。よわいてきは そのもようを みただけで にげだしてしまう。


ピカチュウ:ほっぺたの りょうがわに ちいさい でんきぶくろを もつ。ピンチのときに ほうでんする。


ライチュウ:でんげきは 10まんボルトに たっすることもあり ヘタにさわると インドぞうでも きぜつする。

ポケモン図鑑はインド象が大好きです。

ていうかポケモンとは別に像がいるのもあれだし、もっというとインドっていう国がポケモン世界にあるんだな。


サンド:じめんに あなを ほって すむ。じぶんに きけんが せまると まるくなって みを まもる。


サンドパン:すばしっこく はしり まわり せなかのハリと するどいツメでの こうげきが とくい。


ニドラン♀:ちいさくても どくばりの いりょくは きょうれつで ちゅういが ひつよう。メスのほうが つのが ちいさい。


ニドリーナ:メスなので せいかくは おんこう。くちから だす ちょうおんぱは あいてを まどわす ちからがある。

メスなので、って今の世の中だとLGBTがどうのいってる連中にすげー叩かれそうな文面だな。これ。


ニドクイン:かたくて はりのような ウロコが からだを おおっている。こうふんすると はりが さかだつ。


ニドラン♂:みみが おおきく とおくの おとを きくとき はばたくように うごく。おこると どくばりを だす。


ニドリーノ:おこりやすい せいかく。はったつした ツノを ふりまわして ダイヤモンドも くしざしに する。


ニドキング:いしのように かたい ひふと ながく のびた ツノが とくちょう。ツノには どくもあるので ちゅうい。

あのこの世で一番固い鉱石ダイヤモンドをも串刺しにできるニドリーノ。

その角に毒がある必要性。毒なくても相手死んでるし、んじゃ毒がある意味。


ちょっと角に心血注ぎすぎですねー。爪とかなんかそういう部位に分散投資するべき。話変わるけど、人間の爪が生え変わるのに歯が生え変わらないのと似てる。あきらか歯の方に伸び力?っていうのかわからんけど伸び力を注ぐべきだった。ワニの方が断然偉い。


ていうか何が怖いって、1,400mまで飛べるリザードンやインド象を気絶させるライチュウ、ダイヤモンドを串刺しにできるニドリーノをそこらの子供が飼ってるって事。


それぞれガンツの星人と遜色ないスペック持ちなのに、それが野生にあふれかえってる。ユニーク個体じゃなくて普通に何体もあちこちにいる。「ポケモン」は明るい部分だけ描いてるけど、実際はものすごい地獄みたいな世界なんだろう。世紀末といってもいいかもしれない。まだ進撃の巨人の世界に生まれた方がましだと思える、そんなハードボイルド。


例えばライチュウ飼ってる小3が友達いじめるためにライチュウをほんの出来心で使ったらその小3の友達死ぬじゃん。10万ボルトで死ぬじゃん。

ニドリーノに体当たりなんて指示して見ろ。その友達がダイヤモンドより硬いなら別だけど、たぶん腹に大穴作って死ぬ。ランドセルまでがっつり穴開くだろう。風穴の空いたランドセルから計算ドリルの欠片がふわっと飛び散るんだろう。


だいたい2行目に「死ぬじゃん」が来るほど危険がいっぱい。


ピッピ:あいくるしい すがたから ペットように にんきが ある。ただし なかなか みつけられない。


ピクシー:みみが よくて 1キロ はなれた ところで おとした はりのおとを みごとに ききわけられる。


ロコン:こどもだが 6ぽんの しっぽが うつくしい。せいちょうすると さらに しっぽが ふえる。


キュウコン:おうごんに かがやく たいもうと 9ほんの ながい しっぽを もつ。1000ねんは いきると いわれる。

キュウコンを捕まえた人はどうするんだろう。相応の覚悟がいる。

ご高齢の方が犬飼ってるのと似てる。


プリン:まるくて おおきい ひとみで さそいこみ ここちよい うたを うたい あいてを ねむらせる。


プクリン:キメ こまかく しなやかな たいもうは うっとりするほど。けがわは こうきゅうひんだ。

だんだんポケモン図鑑の文章が荒れてきた。

プクリン狩られてるやん。プクリン密猟みたいなことが日常茶飯事に行われてるんだろう。そしてプリンを毛皮目当てでブリードする、そんな光景が。

ていうかオレの中でのプクリンの表面はつるつるなイメージだったんで、急に裏切られた。


ズバット:りょうほうの めが そんざいしない。くちから ちょうおんぱを だして くらやみを とびまわる。


ゴルバット:するどいキバで かみついて いちどに 300シーシーの ちを すいとってしまう。

300㏄=300ml。

参考:献血は200mlと400ml。1,000mlの血液がなくなると人は死ぬ可能性がある


とりあえずポケモン世界でうかつに洞窟に入ることはできない。


ナゾノクサ:べつめい アルキメンデス。よるに なると 2ほんの ねっこで 300メートルも あるくという。


クサイハナ:めしべが はなつ とてつもなく くさい においは 2キロさきまで とどき きを うしなわせる。


ラフレシア:せかいいち おおきい はなびらから アレルギーを おこす かふんを オニの ように ばらまく。

進化を通して害悪すぎるラフレシア。

2キロ先までの人間を匂いで気絶させ、進化したならば杉もびっくりの花粉を鬼のようにまき散らす。もう害悪。

とにかく"オニ"の表記に笑う。


可愛い顔してこいつが一定数いるだけで人類が全滅する危険すらある害悪生物。よう根絶させなかったな。人間。


車運転してて「うお、くっせ!」で気絶して玉突き事故、とか日常茶飯事だろう。ていうかこいつを他のポケモンと同じように飼っていいというのが解せない。

フグくらいの危険度ある。


さっきゴルバットがいるから洞窟に入れないって書いたけど、ラフレシアがいるからもう世界全土、安堵できる場所はない。振り向けば"死"である。ポケモン世界の住人は鼻呼吸を辞めた…?


パラス:むしの せなかに はえているのは とうちゅうかそう という キノコ。そだつと キノコも おおきくなる。


パラセクト:キノコの カサから どくほうしを まきちらす。しかし ちゅうごくでは このほうしを かんぽうやくに する。

とりあえずポケモン世界にはインドと中国があることがわかる。


コンパン:くらやみでも めが レーダーの やくわりをして かつどうできる。めから ビームを はっしゃする。


モルフォン:はねに りんぷんが ついていて ヒラヒラと はばたくたびに もうどくの こなを ばらまく。


ディグダ:ちちゅうの あさいところを いどう。ほりすすんだあとは じめんが もりあがっているので すぐわかる。


ダグトリオ:ちちゅうを ほりすすんで あいてが ゆだんしているところを べつの ばしょから こうげきする。

うん、普通。


ニャース:ひるまは ねてばかりいる。 よるになると めが かがやき なわばりを あるきまわる。


ペルシアン:きしょうが はげしく しっぽを まっすぐ たてたら よう ちゅうい。とびかかって かみつく まえぶれだ。


コダック:いつも ずつうに なやまされている。この ずつうが はげしくなると ふしぎな ちからを つかいはじめる。


ゴルダック:てのひらが みずかきに なっていて およぐのが とくい。みずうみなどで ゆうがな すがたが みかけられる。

うんうん、普通。


マンキー:みのこなしが かるく きょうぼうな せいかく。おこって あばれると てが つけられなくなる。


オコリザル:いつも もうれつに おこっており にげても にげても どこまでも おいかけてくる。


ガーディ:ひとなつこく せいじつな せいかく。てきには ほえて かみつき おいはらおうとする。


ウィンディ:ちゅうごくの いいつたえにある でんせつの ポケモン。ものすごい スピードで はしるという。

はいはい中国中国。でもぜんぜん普通。どうしたの急に普通が続くじゃん。


ニョロモ:スベスベした くろいひふは うすく しめっている。ないぞうの いちぶが すけて うずまきじょうに みえる。


ニョロゾ:2ほんの あしは はったつしており ちじょうで くらせるのに なぜか すいちゅう せいかつが すき。


ニョロボン:およぎが とくいで クロールや バタフライが できる。オリンピックの せんしゅも かなわないほど はやい。

まー、マグロだってオリンピックの選手より早く泳ぐだろうし、逆に遅くね、って思う。比較する相手が違う。ピジョットなんてマッハ2で飛ぶのに。こんなんでこいつエサ捕まえられてんの?川魚ですらオリンピックの選手より速く泳いでるでしょ。

すごい普通。ていうかショボい。


たぶんポケモン図鑑に書かれてないだけでニョロボンはピジョットのエサになってるだろう。意外にピジョットってポケモン界で食物連鎖の上位にいるんだろうな。

ピジョット飼ってる人は、現実で鷹を飼ってる人が冷凍ネズミを冷蔵庫に入れているように、冷凍ニョロボンみたいなエサを冷蔵庫に入れてるんだろうな。


ケーシィ:1にち 18じかんは ねている。ねむってる あいだでも さまざまな ちょうのうりょくを つかう。


ユンゲラー:あるあさのこと。 ちょうのうりょく しょうねんが ベッドから めざめると ユンゲラーに へんしん していた。


フーディン:ちからわざを あまり このまず ちょうのうりょくを じざいに あやつって あいてを たおす。


ワンリキー:ぜんしんが きんにくに なっており こどもほどの おおきさしかないのに おとな 100にんを なげとばせる。


ゴーリキー:つかれることのない きょうじんな にくたいを もつ。おもい にもつの うんぱんなどの しごとを てつだう。


カイリキー:はったつした 4ほんの うでは 2びょうかんに 1000ぱつの パンチを くりだすことができる。


急に壊れだす、ポケモン図鑑の文面。

ニョロボンと同じ人が監修したとは思えない。いいや、たぶん違う人がワンリキーから先を作ってるはず。

数字の桁が違い過ぎる。100人投げ飛ばせる、2秒間に1,000発、って完全に子供の発想じゃん。百億兆円っていってそう。

オリンピック選手より速く泳ぐ!っていうドラえもん科学辞典くらいの優等生っぷりはどこに。


ユンゲラーに関してはちよのーとの方にいろいろ書いたけど、これ、ポケモン図鑑の文章じゃなくて、小説の始まりの書き出しだなー。


マダツボミ:ひとの かおのような ツボミから でんせつの マンドラゴラの いっしゅ ではないかと ささやかれている。


ウツドン:ハッパの ぶぶんは カッターになって あいてを きりさく。くちからは なんでも とかす えきたいを はく。


ウツボット:ミツの ような かおりで くちの なかに さそいこまれたら さいご。ようかいえきで とかされてしまう。

ユンゲラーあたりからのセンス異常だと思うわ。

マダツボミの”ささやかれている”もじわじわ来るけど、爆発力でいうとウツドン。

ウツドンのは小学生低学年の自由ノートに書かれた、僕の考えた最強怪獣をそのままテキストに起こしたのかと思うくらいセンスが光る。”なんでもとかす”あたりの使い方が秀逸。


メノクラゲ:すいしょうの ように すきとおった めだまから ふしぎな ひかりの ビームを はっしゃする。


ドククラゲ:80ぽん の しょくしゅが じゆうに うごく。さされると どくに おかされ するどい いたみが はしる。

急に普通。

いや、ポケモン図鑑の初期の方はこれくらいのノリだったから何とも思わなかったけど、ユンゲラー、カイリキー、ウツドンのセンスを見せつけられた後に、メノクラゲ見ると不調を疑わずにいられない。

急に大人が頑張って考えた平凡なテキストになってる。


イシツブテ:まるくて もちやすいので つかんで あいてに なげて ぶつける イシツブテ がっせんが できる。


ゴローン:やまのなかの さかみちを あるいていると ゴローンが ころがって くることが ある。


ゴローニャ:がんばんのような かたい カラで おおわれている。1ねんに 1かい だっぴして おおきくなる。

ここらへんはよくポケモン図鑑でもネタにされてる。イシツブテ合戦で死人が出る、みたいな。

イシツブテ(20㎏)、ゴローン(105㎏)。


まー確かに。

ていうかそもそも論としてそんな枕投げみたいな軽いノリで現代人は石を投げあって遊ばない。

ていうかたぶん古代人も石を投げ合って遊んでなんかないと思う。魔女狩りの時くらいじゃねーの、しらんけど。


ポニータ:からだが かるく あしの ちからが ものすごい。1かいの ジャンプで とうきょうタワーも とびこえる。


ギャロップ:じそくは さいこう 240キロ。メラメラ もえながら しんかんせんと おなじ スピードで かけぬける。

いや退化してね?

図鑑の最初の方ですでにマッハ2で飛ぶピジョット見ちゃってるから今さら新幹線の速度で走られても感覚がマヒして、フーンしか思わない。ちょい遅くね?とさえ思う。

それに対し進化前ポニータ。なんかもうよくわからんけどせがれいじりの「くだん」みたいなジャンプするんだろうな。


ヤドン:いつも ボーッとしていて なにを かんがえているか わからない。しっぽで エサを つるのが とくい。


ヤドラン:ヤドンが うみへ エサを とりにいったとき シェルダーに しっぽをかまれ ヤドランになった。


コイル:くうちゅうに ういたまま いどうして さゆうの ユニットから でんじはなどを ほうしゃする。


レアコイル:ふくすうの コイルが れんけつして きょうりょくな じりょくせんと こうでんあつを ほうしゃする。


カモネギ:じぶんの すを つくるための しょくぶつの クキを いっぽん いつも もって あるいている。

はい、急に箸休め区間。

ヤドンヤドランの説明がかわいい。


ドードー:とつぜんへんいで みつかった ふたつの あたまを もつ ポケモン。じそく 100キロで はしる。


ドードリオ:めったに みつからない ちんしゅ。3つの あたまは よろこび かなしみ いかりの かんじょうを あらわす。

時速100km程度じゃもう心は動かない。筆も動かない。あるがまま受け入れられる。そんな静の感情。


パウワウ:みずいろの たいもうに おおわれた ひふは ぶあつくて じょうぶ。れいか40ど でも かつどうできる。


ジュゴン:ぜんしんが まっしろな けで おおわれている。さむさに つよく むしろ さむいほど げんきになる。


ベトベター:つきからの エックスせんを あびた ヘドロが ベトベターに へんかした。 きたないモノが だいこうぶつ。


ベトベトン:ふだんは じめんに まざっていて わからない。からだに さわると もうどくに おかされる。

月からのエックス線すごい。ヘドロから生命になった、他ポケモンとは一線を画す存在。それがベトベター。


シェルダー:ダイヤモンドよりも かたいカラに おおわれている。しかし なかは いがいと やわらかい。

お、ニドリーノ(はったつした ツノを ふりまわして ダイヤモンドも くしざしに する。)と矛と盾できるじゃん、やったね。


パルシェン:カラが ひじょうに かたく ナパームだんでも こわせない。こうげきするときだけ ひらく。

果たしてナパーム弾に耐えられるのとダイヤモンドより硬いのと、どっちが強いのか。また退化してんじゃないかと思う。


ゴース:うすい ガスじょうの せいめいたい。ガスに つつまれると インドぞうも 2びょうで たおれる。

ポケモン図鑑は「インド象」と「2」という数字が好きです。


ゴースト:くらやみで だれもいないのに みられているような きがしたら そこに ゴーストが いるのだ。


ゲンガー:やまで そうなんしたとき いのちをうばいに くらやみから あらわれることが あるという。

ポケモン…?


イワーク:ふだんは つちのなかに すんでいる。ちちゅうを じそく 80キロで ほりながら エサを さがす。

時速80kmだけど、今度は地中。ちょっと悩ましいけど、うーん、次。


スリープ:ユメを たべるという でんせつの いきもの バクの しそん。さいみんじゅつが とくいだ。


スリーパー:ふりこのようなものを もちあるく。こどもに さいみんじゅつを かけて どこかへ つれさるじけんが あった。

続報はよ。


クラブ:うみの ちかくで みつかる。おおきな ハサミは もぎとっても あとから また はえてくる。


キングラー:かたい ハサミは 1まんばりきの パワーを もっているが おおきすぎて うごきが にぶい。

数字バグり系がポニータに続いてやっと。もうこれくらいバグってないと食指が反応しない体になってしまった。

ただ調べてみたら1万馬力の車あるんだな。知らなかった。んじゃキングラーも普通か。雑魚雑魚、はい次。


ビリリダマ:しょうたい ふめいの いきもの。いやなおとを だしたり とつぜん じばくする ことも あるという。


マルマイン:すこしの しげきに はんのうして ばくはつする。バクダンボールという あだなで こわがられて いる。

ザ・安直。


タマタマ:なにかの たまごの ようだが じつは しょくぶつの タネにちかい いきもの であることが わかった。


ナッシー:あるく ねったいうりん とよばれる。みの ひとつひとつに かおがあって それぞれ いしを もっている。

なんかあだ名付けるのハマりだしてる。


カラカラ:しにわかれた ははおやの ほねを あたまに かぶっている。さびしいとき おおごえで なくという。


ガラガラ:からだも ちいさく もともと よわかった。ホネを つかうようになり せいかくが きょうぼうか した。

ドードーでも思ったけど、その前提のやつらは何ていう名前のポケモンなの。


サワムラー:あしが じゆうに のびちぢみして とおく はなれている ばあいでも あいてを けりあげることが できる。


エビワラー:プロボクサーの たましいが のりうつっている。パンチのスピードは しんかんせんよりも はやい。

新幹線より速く走るやつを俺は知っている。


ベロリンガ:したが しんちょうの 2ばいもある。エサをとったり こうげきをしたりと まるで てのように うごかせる。


ドガース:うすい バルーンじょうの からだに もうどくの ガスが つまっている。ちかくにくると くさい。


マタドガス:ごくまれに とつぜんへんいで ふたごの ちいさい ドガースが れんけつしたまま でることがある。

ドガースの事嫌いやん。


サイホーン:あたまは わるいが ちからが つよく こうそうビルも たいあたりで コナゴナに ふんさいする。

ドガースが嫌いなんじゃなかった。何かストレスが溜まっているみたい。大丈夫かな。


サイドン:しんかして うしろあし だけで たつようになった。ツノで つかれると がんせきにも あながあいてしまう。

僕らもうダイヤモンドに穴開けるやつ知ってるんで。


ラッキー:1にちに いくつか たまごを うむ。その たまごは えいよう まんてんで ものすごく おいしい らしい。

鶏の説明文。


モンジャラ:ブルーの つるしょくぶつが からみあい しょうたいは みえない。ちかづくものに からみついてくる。


ガルーラ:メスは おなかの ふくろに こどもを いれて そだてる。れんぞくパンチ こうげきが とくい。


タッツー:ぜんまいのように クルクルまかれた しっぽで からだの バランスをとる。くちから スミを はくことが ある。


シードラ:うかつに さわろうとすると からだじゅうに はえる トゲに さされて きぜつすることも ある。

急に普通。

とりあえずみんな臭くなって頭悪くならなくてよかった。

どうとでも足せるもんな。

シードラ(うかつに さわろうとすると からだじゅうに はえる トゲに さされて きぜつすることも ある。ちかくにくると くさい)とか、モンジャラ(あたまは わるいが ブルーの つるしょくぶつが からみあい しょうたいは みえない。ちかづくものに からみついてくる。)とか。

悪口以外の何物でもない。


トサキント:せビレ むなビレが きんにくのように はったつしており すいちゅうを 5ノットの はやさで およぐ。


アズマオウ:ドリルのように とがっている ツノで いわはだを くりぬき じぶんの すを つくっている。

5ノットって時速9kmくらいらしい。

え、魚の中でもだいぶ遅いんじゃね?エサ取れてる?


ヒトデマン:うみべに おおく あらわれ よるになると ちゅうしんが あかく てんめつする。


スターミー:きかがくてきな ボディーから うちゅうせいぶつ ではないかと じもとでは うたがわれている。

「地元」ワードがジワジワ来る。

だれにとっての地元なんだろう。ポケモン図鑑を執筆したであろうゲーム内の博士的な人の地元ではスターミーを宇宙生物って疑ってたのか、それともスターミーを特産物としている地域があってそういう意味での地元の漁師的な意味合いの地元なんだろうか。

謎は深まるばかり。


バリヤード:ひとを しんじこませるのが うまい。パントマイムで つくったカベが ほんとうに あらわれるという。

それはパントマイムって言えるんだろうか。


ストライク:するどいカマで えものを きりさき いきのねを とめる。ごくまれに ハネをつかって とぶ。

ゴキブリかな。


ルージュラ:にんげんのような ことばを はなすが まだ なにをいっているか ふめいで げんざい けんきゅうされている。

ポケモンの定義を知りたい。

未開の地のおばさんっていう線はないのか。



エレブー:つよい でんきが だいこうぶつで おおきな はつでんしょ などに しばしば あらわれる。


ブーバー:かざんの かこうちかくで みつかった。くちから ほのおをはく。たいおんは 1200ど もある。

タバコが800度くらいらしいからまあ普通か、はい次ー。



カイロス:2ほんの ながい ツノは パワフル。いちど はさまれて しまったら ちぎれるまで はなさない。


ケンタロス:たいあたりしてくるとき 3ぼんの しっぽで じぶんの からだを ピシピシと たたく。


コイキング:ちからも スピードも ほとんどダメ。せかいで いちばん よわくて なさけない ポケモンだ。


ギャラドス:ひじょうに きょうぼうな せいかく。 くちからだす はかいこうせんは すべてのものを やきつくす。


ラプラス:ひとのことばを りかいする たかい ちのうをもつ。うみの うえを ひとをのせて すすむのが すき。

ふう。一息入れられる。

これが最後の箸休め区間かな。十分に休息を取ろう。


メタモン:からだの さいぼうの つくりを じぶんで くみかえて ほかの せいめいたいに へんしんする。


イーブイ:3しゅるいの ポケモンに しんかする かのうせいを もつ めずらしい ポケモンだ。


シャワーズ:からだの さいぼうの つくりが みずの ぶんしと にている。みずに とけると みえなくなる。


サンダース:おこったり おどろいたりすると ぜんしんの けが はりの ように さかだって あいてを つらぬく。


ブースター:たいないに ほのおぶくろが あり ふかく いきを すいこんだあと 1700どの ひを はく。

さっきのはウソだ。

でもたぶんこれが本当に最後の休息区間。十二分に休息を取ろうではないか。


ポリゴン:さいこうの かがくりょくを つかい ついに じんこうの ポケモンを つくることに せいこうした。


オムナイト:おおむかし うみに すんでいた こだい ポケモン。10ぽんの あしを くねらせて およぐ。


オムスター:しょくしゅが てあしの ように はったつ してる。しがみつくと どうじに かみついて くる。


カブト:こだい せいぶつの かせきから さいせいしたポケモン。かたい カラで みを まもっている。


カブトプス:すいちゅうを じゆうに およぎ するどい カマで えものを とらえ たいえきを すいとってしまう。


プテラ:こはくに のこされた きょうりゅうの いでんしから ふっかつさせた。たかいこえで なきながら とぶ。

悪い。さっきの撤回。なんかアレだわ。すごい普通。

ポケモン図鑑の説明文を考えていた人もようやっとラストが見えてきて正気を取り戻したのかもしれない。そうだよな、こんなの151匹分も考えるなんて正気の沙汰じゃないものな。


カビゴン:1にちに たべものを 400キロ たべないと きが すまない。たべおわると ねむってしまう。

象が毎日100キロくらい食べるんで案外普通なのかもしれない。


フリーザー:でんせつの とりポケモンの ひとつ。ながい しっぽが たなびいて とんでいく すがたは すばらしい。


サンダー:でんせつの とりポケモンの ひとつ。とぶときに バチバチと なにかの はじけるような おとがする。


ファイアー:でんせつの とりポケモンの ひとつ。オレンジいろの もえるようなハネが みるものを あっとうする。

「でんせつの とりポケモンの ひとつ。」で尺稼ぐのずるい。

磯野~!全員頭悪くして臭くしようぜ。


ミニリュウ:こどもでも しんちょうは 2メートル いじょう。だっぴを くりかえして おおきくなる。


ハクリュー:うみや みずうみなどに すむという。はねをもたないが たまに そらを とぶ すがたが もくげきされる。


カイリュー:おおきな たいかくで そらを とぶ。ちきゅうを やく16じかんで 1しゅう してしまう。

ここにきてピジョットに強力なライバル出現か。

と思いググってみたら地球1周を16時間っていうカイリューも計算するとマッハ2らしい。


……



せーの、ポケモン図鑑は「2」という数字が好きです。


ミュウツー:けんきゅうの ために いでんしを どんどん くみかえていった けっか きょうぼうな ポケモンに なった。


ミュウ:みなみアメリカに せいそくする ぜつめつしたはずの ポケモン。ちのうがたかく なんでも おぼえる。

アメリカもあるんだね。


まとめ

初代ポケモンのポケモン図鑑の説明文全151個をコメント付きで紹介した。

久しぶりに読んでみるとすごい面白いし、センスがすごい。


ポニータあたりで完全に頭ぶっ飛んでる。なにかしらのタガが外れた音が聞こえる。

記事一覧

最新の記事

伊坂幸太郎「グラスホッパー」感想と評価

QooQ