FFBE幻影戦争、ダークゴーレム

2023年3月6日月曜日

FFBE幻影戦争

t f B! P L

(なんかボイスパーカッション的なやつ)はい、始まりました。なんちゃらチューブ。えー、今日はですねー、ダークゴーレム?そうそう、最近実装されたらしいダークなゴーレムについてですねー、ちょっと話したいなーと思ってます。

では行ってみましょー!(なんかいい感じのSEで場面展開)


ダークゴーレムを考える

youtubeのノリよくわかんないからもういいや。んじゃなんでしたの?って話だけどなんかしたくなったんだよな。そういう時ってあるじゃん。無駄にyoutubeのモノマネしたい時って。

youtubeのモノマネか原監督のモノマネか、けっこう迷うよね。毎回。オレ原監督知らねーけど。

ん?ならなんで原監督のモノマネって書いたのかって?

そんなん決まってるやん。なんか適当に「ha」てタイピングしたら原って出てきたから原監督でいいやって。そんだけ。このブログの文章なんて基本的にネコがキーボード踏むのと変わらない。


んで。

ダークゴーレムの呼び名についてね、考えてみたい。


え?「yo」って打ったら「呼び名」って出てきたから、このテーマにしただろ、って?勘がいいな。キミは今の仕事より探偵とかの方が向いてるんじゃないか。後は空港の麻薬探知犬とか。実に向いていると思うよ。


さ、んじゃ行くか。


ダークゴーレムの呼び名を考えたい。

そんな衝動が僕を襲った。春のような衝撃。あの日見た、君の姿を、僕はまだ忘れることができない。


その日ぼくはリバイアサンと居酒屋にいた。

別にリバイアサンと特に仲がいいわけではない。なんとなく。職場でもあまり話はしないけれど、その日、なんとなく梅のつぼみを見たから。だからなんとなくリバイアサンと居酒屋にいた。


リバイアサンは奥さんの愚痴、娘の話、よくある話をずーっとしている。飽きてくる。店内BGMと同じ、耳に入れるでも入れないでもなく、ただ通らせて、ぼくは適当に頼んだ日本酒を口に運ぶ。


酒を口に運びながら、そういえば昔水を飲み続ける鳥のおもちゃがあったな、とぼーっと考える。今の僕はあの鳥のおもちゃと何が違うんだろう。

ただ同じペースで酒を口に運ぶ。ただ、同じペースで。乱れてはいけない、そんなルールすらあるような気すらしてくるような、同じペースで。


酒、ってこんな飲まれ方を望んでいるのだろうか。

こんな、一定のテンポを、まるでベルトコンベアのように飲まれることを。僕は目の前のおちょこの、少なくなった水面の揺らぎを見ながらまたぼーっと考える。


もしかしたら野球の優勝でやるような、ビールかけのような飲まれ方、というか消費のされ方の方が酒の本望なんじゃないだろうか。


そんな時だった。リバイアサンの話を耳ではなく鼻からきているような状態で、ただ酒の命題について考えていた、そんな誰もが春に経験するような退屈で、それでも春としての春らしさが地面に染みついている時。


あの子が、けだるそうに店の引き戸を開けて、まるで春らしい音をさせて、入ってきたのは。


---------------


なんだこれ。

ダークゴーレムの呼び名どこなんだよ。ダーゴでいいよな。もう。微妙に原監督に近づけていけてるのはどうか評価してもらいたい。


え、野球の話に強引に持っていってるでしょ、本当ならF1のシャンパンファイトって書きたかったよ。あと、そして「春」っていう「原」と近い語感をこれでもかと多用してるでしょ、それでえっと…。


ダークゴーレムそっちのけで、原監督の事しか考えてない。そんな春の記事。

記事一覧

最新の記事

ウマ娘、長距離LOH振り返り

QooQ