ウマ娘、メジロアルダンのストーリーは思ったよりギャルゲー

2023年1月7日土曜日

ウマ娘

t f B! P L

メジロアルダンのストーリー、ヤエノムテキと同じで自力でひける気がしないからyoutubeで見てみた。いや、もう結構前からどんな内容なのか見たくて仕方がなかったんだよなー。

んで前後編合わせて2時間ある、普通の映画と変わらない尺度のストーリーを朝から見る。


……



え、メジロアルダンのストーリー、ギャルゲーやん。思ったより数段ギャルゲーやん。


エセ関西弁が出るくらいギャルゲーだった。


ウマ娘のストーリーでギャルゲーっていうと初代ギャルゲー枠と勝手に呼称しているナイスネイチャ、それから2代目ギャルゲー枠と呼んでいるメジロドーベル、そして今回のメジロアルダン。

微妙にギャルゲーだなーっていうのはメジロマックイーンとかもあったけど、上記3つは完全にギャルゲーなんだよなー。


ただ、メジロアルダンのストーリーはギャルゲー成分だけじゃなくて、少年漫画的な熱い展開もあってかなり欲張りな構成になってる。

たぶんウマ娘のストーリーの中でいったらかなり上位のクオリティだと思うし、なによりそういう寄せ集めだからコスパがいい。ウマ娘のストーリーでコスパ最強!といえるかもしんない。


ギャルゲーギャルゲー連呼しすぎて前置きが長くなったけど、メジロアルダンのストーリーを少し振り返ってみたい。


軸はいつもの”3人”

メジロアルダンのストーリーの軸はやっぱりサクラチヨノオーやヤエノムテキと同じでこの3人が切磋琢磨していく少年漫画的な熱い描写。

個人的にはメジロアルダン、サクラチヨノオー、ヤエノムテキの3人の中でこの少年漫画的な切り取り方、演出はメジロアルダンのストーリーが一番好きだった。


んで結局この3人、日本ダービーの後に誰かしらは故障するんだな。

ヤエノムテキのストーリーではサクラチヨノオー、メジロアルダンの二人ともが怪我、サクラチヨノオーのストーリーではメジロアルダンが入院、そしてメジロアルダンのストーリーではサクラチヨノオーが入院する。


ヤエノムテキ、頑丈。たぶんこいつは無遅刻無欠席なタイプ。


んで、その後出てくるのが永世三強と呼ばれてるオグリキャップ、スーパークリーク、イナリワン、タマモクロス(…たぶんタマモクロス?が世代的には一個上なのか知らないけど永世三強ではない?んだと思うけど競馬くわしくないからわからない)。


この3人のストーリーは基本的に3人のライバル関係を深掘りしたのち、新たな敵としてこのオグリキャップ勢と戦うことになる。そしてそれは怪我でレースに戻れないかつてのライバルの想いを背負っての熱いバトル、みたいな感じ。


少年漫画的ですごい熱くていい。正直ウマ娘に求めてるのってこういうスポ魂的な、アニメ版ウマ娘みたいなストーリーなんだよな。

だからメジロアルダン、ヤエノムテキ、サクラチヨノオーのストーリーは全部好き。


シニア期以降の相違点

んでこんな風にシニア期入口までは3人とも同じようなストーリー展開を踏んでいく。違うのがシニア期以降で、


  • ヤエノムテキ:「火水合一」という自身に課したリミッターを外すことでオグリキャップ勢に勝つ、完全な少年漫画
  • サクラチヨノオー:ピークを越えた体で、辛くもオグリヤップ勢を破ったのち、さらなる強敵、マルゼンスキー、ミスターシービーとの激闘が待っている、完全な少年漫画
  • メジロアルダン:IF世界を強く意識している展開で、SF寄り。特に能力が上がるとかもなくオグリキャップ勢を撃破。その後トレーナーとの”恋愛編”に突入


とまあこんな感じでヤエノムテキとサクラチヨノオーは方向性が似てる。異質なのがメジロアルダン。


特にシニア期始まってからの初詣、バレンタイン、クリスマス、エンディング、温泉イベント、とすべてが恋愛恋愛している。


  • もう幸せは叶っている
  • 膝枕
  • わたしたちも、しませんか
  • わたしたちの未来について
  • 私があなたの今をずっと刻み続けます
  • 二人だけの永遠


え、すんごいギャルゲー。

目的語を省いてエロく感じさせる高等技術をこれでもかと使用して来る。小中学生とかメジロアルダンのストーリー見たら危ないかもしれない。性への目覚めがメジロアルダンの可能性すらある。


逆に新しいかもしれない。少年漫画かと思ってたら突如として恋愛ベッタベタの少女漫画に切り替わるんだから。作者の二面性を存分に堪能できるすごいストーリーとなっている。お腹いっぱい、である。


ガラスの足設定が残念

ていう感じで前半少年漫画、後半少女漫画として楽しめる、個人的にもたぶん2,3番目に好きなストーリーであるメジロアルダン。

それにメジロ家っていうカテゴリにもいるわけで、イベントで出てくるキャラには事欠かないというか。こういう面でも豪華。

サクラチヨノオーはマルゼンつながりでルドルフなどの一個上の世代が出てくるからまだマシだけど、正直ヤエノムテキとかこの3人のライバル関係くらいしかまともにクラスタがなくて、イベントでバンブーメモリーとか出てくるけど「え、この二人仲いいの?」状態になる。


そんな”豪華”っていう言葉が似合うメジロアルダンのストーリーだけど、一つだけ残念なのがガラスの足?っていうバッドステータスまで付くシナリオ上の設定が、最初のデビュー戦で倒れて以降、全然出てこないって事。

もうちょい体が弱い系のイベントを含んでくれると緊張感持って見れた気がする。もうクラシック期とか、皐月賞も走らせるとしたら、他ウマ娘よりはるかにハードスケジュールでレースに出てるのは笑う。どこらへんがガラスの足やねん、と。

とっても立派なゾウ並みの足じゃない。


まとめ

今回はウマ娘のメジロアルダンのストーリーについて書いた。

まとめると、スポコン的な熱い展開有り!小中学生がエロに目覚めてしまうような恋愛描写有り!とすごい欲張りで豪華なストーリーになってる。

個人的にはサクラチヨノオー、キングヘイロー、メジロアルダンのストーリーが今の所3強だなー。


あ、最後に。

”今”のテキスト量ハンパない。あとメジロアルダンも格言言ってた。

記事一覧

最新の記事

中村文則「あなたが消えた夜に」感想

QooQ