FFBE幻影戦争「今編みたいインテリコート秋冬:1,045円」

2020年5月7日木曜日

FFBE幻影戦争

t f B! P L

イルディラのボイスはじめて聞いたけど、なんか違うな。思ったより野太い。しずちゃんくらい野太い。


さて、こないだから何度目かの武具作りにハマっている。お酒飲みながらちまちまやるぶんにはちょうどいいポチポチ具合。

今回お酒のアテとして作ったのはインテリコート。

このゴールデンウィーク中、ひまなときに鉄巨人マルチでお世話になりつつレシピと素材を集めてたんだよなー。ホストさんたちにはとてもお世話になりました。

そしてゴールデンウィーク最終日、ためにためたインテリコートのレシピと各種素材がインテリなコートに生まれ変わるときが来た。


当時インテリコートを見たとき、そして実際にレベル上げしてみたときは「こんなのムリゲーじゃん」と早々に投げてしまった苦い記憶がある。

今回はそのリベンジも含んでいる。ゴールデンウィーク最終日、華々しく花火あげてやろーじゃん。

インテリコート+2の山

インテリコート+2をとにかく鍛えてみる。

けっこうやってみたけど、なんというか序盤伸びがよくても後半失速するパターンばかりでレベル30くらいですでにみるからに失敗だなーというインテリコートであふれかえる事態に。


…やはりインテリコートの壁は高い。まーそりゃそうだよな。成功時にHP10しか伸びないのに330まで伸ばそうとしたら49回中30回はHP10伸びないといけないわけだし。並大抵じゃ無理だよなー。


このままだとまたあの時の悪夢の繰り返しになってしまう。てことでやり方を変える。


インテリコート+2ではそもそも槌で埋める、とか考えられるステータスにすら届かないことが分かったので、もうインテリコート+5作っちゃおう。

めちゃめちゃ秘伝書もったいないけど、お酒も入ってたし気が大きくなってたんだなー。ほいほいこれまでタブーにしてた+3を作っていく。
(+3以降は分解時に秘伝書が全部は返ってこない。+2までなら秘伝書がぜんぶ返ってくる。)

インテリコート+4

そんなこんなでインテリコート+4を2つ作る。

みるみる減ってく黒い粉と秘伝書。あんだけあったのに黒い粉こんななくなるもんなんだな。

というか粉からコート作るってどういうテクノロジーなんだろう。

インテリコート+4のレベル上げをしていくもぶっちゃけ+2とそこまで伸び率かわんない…。なんなら伸び率よかった+2、+3の方がよっぽど伸びてた。


一応ソルティレージュ問題もみたいし、お酒のアテに楽しんでるもんで1レベずつポチポチ上げてったけど、HP1だけ伸びる回がほんときついなー。

出来上がったインテリコートはこんな感じ。

インテリコート+4レベル40①

HP:177
防御:3
精神:10

インテリコート+4レベル40②

HP:151
防御:2
精神:8


相変わらずレベル40でもHP200届いてなくて、こんなもんカンスト夢のまた夢やん。と出来上がった不良品をぼーっとながめる。


でもね!ここまでは前菜。さあ、んじゃそろそろ本番のインテリコート+5いっちゃいますか。

インテリコート+5

どうせなんでLv1から刻印HPも入れてみる。


刻印、HP1のみ。刻印、HP1のみ…。


まじかよ。この刻印とかいうまあるい玉どうなってんの。これで彼女ができて大金持ちに~、て札の入ったバスタブで手広げてる週刊少年ジャンプなブレスレットと同じなん?このまあるい玉。


こんなのひどいよ。

でもまー、ここまできたらもうレベル上げるしかない。武具の+3以降は一方通行なのだ。一度入ったら最後降りることはできない。


んで刻印なしでパパっとレベル上げていくと意外にぬるぬるHPが伸びていく。


レベル40時点でHPが250越え、防御カンスト、精神12という今までで一番いい育ち方。


こりゃひょっとするとカンストできるな、ということで一度は信用を地の底まで落としたうさんくさいブレスレットこと刻印を再び使用。

HPと精神に入れ続けていく。


するとうさんくさい玉が活躍したのかただ運が良かったのか(たぶん後者)、とんとん拍子にHPと精神が伸びていく。

レベル46くらいの時点で槌いれりゃカンスト確実なとこまできた。めちゃめちゃ運いいな、珍しい。


ただ運がいいのもここまで。そのあとはまったく伸びず。レベル上げも後半になると使うアダマンタイト多いのに相変わらずHP1、HP1…。

あんだけ苦労してかき集めた金色アダマン数十個使って、必死にレベル上げてHP1だけて。なんかもうエフェクト変えてほしい。HP1だけのときはドラクエのセーブデータ消えたときの音流れてもいいわ。


結局槌ほぼフルで使ってなんとかカンストインテリコートが完成。


…とりあえずカンストすりゃ―なんでもいいんだよ。カンストすりゃ。

まとめ

今回インテリコートを+5までしてみて分かったのは2つ。

ソルティレージュ問題は発生しない

まーこりゃ前からわかってたけど、ソルティレージュ問題はソルティレージュ固有の問題だってことの後押しになる追加検証だなー。

プラスが増えれば上昇値はやっぱ上がる

これも当たり前なんだけど、これまではぶっちゃけプラス値が増えたときの上昇値アップよりもリアルラックの方が大事だと思っていた。

ただ、ある程度育成難度の高い武具については、プラス値を伸ばさないとそもそもリアルラックではどうしようもない壁があるのかもしれない。


プラス2で何度もインテリコート作ったけどHPが300まで伸びる気は一切しなかったし、なんというかプラス値の低い武具は運が良ければ低いレベル帯で一気にステータスが伸びることはあるけど、やっぱり49回もレベルを上げていくとある程度確率が収束するのか、後半伸び悩むことが多い。

かたやプラスの高い武具は、仮に序盤の伸び率がそんなにでも、これまた49回のレベル上げの中で確率がある程度収束するのか全体を通してみれば高いステータスに育つ…気がする。


てことでプラス低い武具でもカンストまでいけるのかそうでないのかをそれぞれの武具ごとに見極めるのが大事なんだろうなー。


ちょいアダマンタイトがもったいないけどなんどかプラス2くらいで育ててみて、無理そうならプラス上げてみる、みたいな適当なやり方がよさそうだな。


さいごに:こんなめんどいことしなくてもそこそこ強い防御or精神にできるソルティレージュはホントすごいね

記事一覧

新しいコメント

QooQ