栄冠クロス、地獄のノーマル

2023年10月9日月曜日

栄冠クロス

t f B! P L

栄冠クロス、ルーキー突破まではかなり順調で、正直なめてた。もうなめになめまくってた。

「ふーん、野球知らないけど、自称ソシャゲマイスターである僕にかかればこんなの、ちょちょいのちょいじゃん、このまま一気にハイノーマルいっちゃうかー」


とか思ってた。

思ってたし口にも出てたと思うし、とりあえず態度にはもろに出てたと思う。


んじゃ待っていた。

そう、地獄のノーマル生活。


みんなでハマった地獄ノーマル(全校生徒復唱:地獄のノーマル!)


みんなで泣いた看護師ゼロ人生活(全校生徒復唱:看護師ゼロ生活!)


ここでは栄冠クロスのプレイ中に見舞われた、地獄のノーマルについて書きたい。ちなみになんとか地獄をはい出し、今はハイノーマルに上がれている。

ノーマルで勝てない!って人は合わせて前回の記事も読んでみてほしい。


…ん?

んじゃリンク張れって?


いやめんどいじゃん。リンク張るの。

そりゃ確かにごもっともだと思うけれども。ただちょっと最近の親切設計のブログなりネットサービスに慣れすぎじゃないかなー。もうちょい自分で探すことを…。


ま、なんでもいいや。んじゃいこう。


序章:順当に戦力9,000へ

ノーマルに上がりたてのわが校の滑り出しはそれはもう完璧なものだった。

この完璧さがさらにわが校とこのへっぽこ監督の慢心に繋がっていくことになるとはこの時は夢にも思わなかった。


ノーマルに上がりたてですぐに伊能、小鷹バッテリーで夏甲子園出場を決める。甲子園では確か2回戦で負けてしまうも、チームレベルがいきなり弱小から平凡まで上がる。


こんなん楽勝じゃん。

伊能、小鷹ペアがいればどんな難易度でもばっちこいじゃん。


と。


そして3年生であった伊能&小鷹が部を去り、春の甲子園はどうだったか忘れた。進出出来てたのかも忘れた。


続く4月。

偶然スカウト出来ていた猪狩が入部してくれ、「あ、これもう勝ったやつ」とさらに調子に乗るわが校。と監督。


そうしてその後1年目秋からこの猪狩にピッチャーを任せて信頼度を積み上げていく。


そして季節は巡り4月。

ここで小鷹を部に入れる。今回はいつもの伊能とのバッテリーではなく猪狩とバッテリーを組ませる。またこの年、モブで天才肌が入部。


戦力も7,000か8,000か忘れたけど試合でそれなりに勝ってるからかグングン伸びてきていた。また、ルーキーのころは守備系の3パラメーターをあまり上げてなかったけれど、ノーマルに上がってからは守備系パラもEまでは上げるようにしていたのも戦力アップに貢献していたと思う。


高いパラメーターを1上げるには必要経験値が多くいるけれど、低いパラメーターを1上げるのは少ない経験値で上がる。結局平均的な選手が一番戦力で見るなら強い、というのが栄冠クロスなんだと思う。


そして甲子園。

順当に進出するも確か2、3回戦目あたりで戦力10,000越えのチームと当たり惨敗。「いや、ちょっと」とつい口に出たと思う。


春の甲子園も当然のように進出。

こちらも確か準決勝辺りまで進むも戦力9,000越えのチームとかが出てきて惨敗。「いや、ちょっと」と前回よりはちょっと大きめの、そしてやるせない感じが多分に漏れ出て、口をついていたと思う。


季節は巡り4月。

なんと驚くべきことにこの年、またしても天才肌が入部。2年連続での天才肌。

猪狩、天才肌、天才肌。…強すぎる。オレがそんな学校を目の当りにしたら失禁を禁じ得ない。口はなぜか右手を口の中にいれながらあわあわし、足はなぜか内またになってがくがくするだろう。


そうして史上最高の状態で迎える夏の甲子園。

当然決勝まですいすい行く。戦力9,000越え。こんなん負ける気がしない。


負ける気が…、負ける気…、「敵戦力11,800」。


は?


どうなってんの。


いうてこれ数値詐欺で、なんかこう、あれでしょ。デカい壁に見せかけて、勝たせることでゲームのエクスペリエンスを上げる、みたいななんかそういうやつでしょ。


……



普通に負ける。


嘘でしょ。

猪狩、天才肌、天才肌。だよ。もうこれ以上のチームが組めることなんて一生ないよ。それで負けるなんて。


たぶん何かよく見る2コマ漫画?みたいな感じでガチでスマホいったん放り投げたと思う。一応傷つかないようにソファに投げたと思う。


んで数秒後拾い上げてまたプレイ続行したと思う。


そうして猪狩が部を離れ。


その後の夏の甲子園はなんと出場ならず。

地区大会?の2戦目に確か9,000越えのチームが出てきて普通に、そして理不尽に負けた。さすがに負けても甲子園選ばれるだろ、と思って電話待ってたら普通に選ばれず。


え、天才肌、天才肌だよ。天才が2人もいるんだよ。天才がケミストリあってるんだよ、うちの部。ケミストリあってるのに負けることある?いや、ないでしょ、ないっていってよ。ねぇ、ねぇってば!…である。


そうして3月の卒業式。

ここ数年、ノーマルに上がってからマネージャーの家事手伝い系率が非常に高かった。ちょっとばかし気にはしてたけど今回も家事手伝い系の進路。


まー、確かまだ1人看護師いたから大丈夫だよな、ゲーム側も最低1人は担保してくれるんだろうし。と思いながら「町の人」を見てみると…、


……



看護師0人。


は?


天才肌、天才肌だよ。ケミストがナンチャラカンチャラ。


…まじかよ。

どうなってるんだよ。


そこから始まる地獄のノーマル。


地獄のノーマル編

天才肌も入ってこず、特にこれといって何もない入部。


一応前の年に夏甲子園決勝までは進めており、試合数は多いんで戦力値的にはそれなりに高い値を維持できてはいた。


夏甲子園も進出。

しかしまたしても準決勝で数値が2,000以上高い相手にぶち当たり敗北。


天才が一人部を去り、もうケミストがどうのもない、ただ天才を1人抱えただけのへっぽこチームへとなり下がってしまった。


さらにここらへんで顕著になってくる看護師ゼロ問題。

普通に体力の回復が間に合わない。


甲子園後すぐに秋大会?の2戦、その後遠征?が続き、全員体力すっからかん状態に。こうなるとトレーニングでぜんぜんステが伸びない。


春の甲子園は何とか出場できたものの、こんながったがたの状態だったので普通に敗北。


季節は廻り4月。


特にこれといってめぼしい入部生はおらず。


ただ前の年あまり試合でいい結果が出ていないのと看護師ゼロ問題でトレーニングの効率がだだ下がっているのもあり戦力がかなり下がっていた。確か4月時点で6,000?くらいしかなかった。

全盛期は7,200とかあったのに。


そして迎える運命の甲子園。


……



甲子園予選1回戦敗退。


…予選で敗退?わが校が?予選1回戦ってことは一回も勝たずに敗退?わが校が?ありえない。戦力1,000くらい勝ってたじゃん。だからスキップしたのに。負けてるじゃん。


いや、え、いや、もう。もうこんなの理不尽。


2回目のスマホソファダイブ。


そして2回目の拾い上げリスタート。


地獄。


そう、地獄そのもの。


最後の天才も去り、看護師はゼロ、そして書かなかったけどこの間の卒業式でアイドルもゼロになって、もう砂漠。我が部は砂漠そのもの。


からっからの大地にどうして植物が目を出そうものか。いいや、そんなことは決してない。もう何も生まれない。不毛の部。それが我が部。おお、神よ!何卒慈悲の涙を。雨を!我らに…。


そこからは本当にひどかった。

春の甲子園は当然の事ながら出場ならず。戦力値は当然のように5,000くらいまで下がる。試合に勝てないだけでここまで顕著に戦力が下がる。それが栄冠クロス。

どれだけ試合後のステアップが大きいかを実感させられる。


ここらへんでいったんゲーム辞めよっかな、と思うも、ハイノーマル行ってから辞めたいなー、とチーム再建に取り組むことに。


チーム再建編

猪狩が去り、天才肌が去り、看護師も街から消え、そうしてアイドルもいなくなった。世紀末かな。あれだけ近くに見えていたハイノーマルがもう手の届かない小さな点のようにしか見えない。


いっていても仕方ない。チーム再建にとりかかろう。


まず育成方法を見直す。

正直、猪狩、天才肌、天才肌という黄金期は「おまかせ」とか「万能」とかでも勝ててたんでもうそれ使って手を抜いてた。

それを辞める。


ポジションごとに逐一伸ばすステを考えて育てていく。どういう考えなのかは冒頭で書いた前回書いた記事の方に書いたんで読みたければ読んでみてほしい。…リンク?だるいからない。


次。

看護師ゼロ問題。


これは3月の卒業式で期待していたものの、やっぱり家事手伝い系進路を取るマネージャー。オレが監督ならマネージャーに対して進路指導を行い看護師を進める。

ていうか男の看護師もいていいじゃん。八百屋辞めて看護師になってよ。ていうか看護師って高卒でいきなりなれる職業じゃないでしょ。どういう地域なん。江戸かなんかか。医者って名乗ればみんな医者、みたいな。


仕方ないんで、とにかく進行アイコンを選ぶ際、緑の回復マスを優先して踏むようにする。今までは部員の集まり具合とかによっては緑アイコンを飛ばしたりしてたけど、とにかく緑アイコン優先。

誰もいない進行アイコンだろうが関係なく、緑アイコン優先。

前方に緑アイコンが一つもないなら練習試合入れて、ルート再生成。


あとは時々マネージャーがアイテム買いませんかーしてくるとき、おむすび系アイテムは買い占める。アイテム持ち込みの時も、手持ちがいっぱいならスカウト紙破いて捨てて、おむすびを持ち込めるスペースを開ける。


また、特待生についても今まで伊能、小鷹くらいしかローテ入部させてなかった。ここを見直す。

具体的には栄冠クロスでは守備時の操作が戦力ゲージを盛るうえで大事だと思うんで、守備スキルを覚えられるキャラを特待生として入れ続ける戦略に。

田中山、蛇島、小田切を毎年1人入れていき、守備職人、その上位金スキルの魔術師を全部員に振りまく。


そうして少しずつ少しずつチームの地力を1から鍛えなおしていく。

ただ栄冠クロスというゲーム。

いったんチームが崩壊すると再建するのに最低2年かかる。

というのもすでに今いる2,3年生はステが死んでるんで使い物にならない。選手には気の毒だけれどもう使い物にならない。


今入ってきたばかりの1年生についても、上の世代がダメダメだから試合で勝てず、ステが伸びづらい。

結局少しずつ上げていくしかないんで運がよくて最低2年、通常なら4,5年かかると思う。


ここからはすごく地味に上の作業を徹底してやっていって、んでようやっと春甲子園優勝。続く夏も連覇!と意気込むも、決勝で戦力11,800に負け、そして春は地区大会のラストに戦力1,000高い相手に当たって惨敗。春甲子園の出場を逃す。


からの、次の年、ゲーム側の忖度かなんなのか、夏春甲子園連覇。


そしてサクッとハイノーマルへ。

もうそろそろお前ハイノーマル行っていいよ、っていうゲーム側の意志をすごく感じる。


まとめ

栄冠クロスのノーマルモード時の地獄を書いた。

ちなみに持ってる最高レアのキャラは柳生とこころマネージャーの2人。柳生は守備系パラが低すぎて全然使ってない。こころはずーっと使ってるけどあんまりマネージャーもってないんで良し悪しは解らない。ハイスピジャイロくれるくらい?かな、いい点は。


んでまとめると、本当に1回試合に勝てない年度があるとその後3年間くらいは暗黒期が来るのがこのゲーム。とにかく甲子園予選敗退だけはないようにしないと終わる。


てことで最近は戦力2,000差で勝ってない限りスキップはせず一応試合を見るようにしてる。


あと、ハイノーマルに入ったけれどいまだに看護師ゼロのまま。アイドルは2人増えた。オレが監督ならアイドルになろうとしているマネージャーに頭下げてでも看護師を…。

記事一覧

最新の記事

朱川湊人「オルゴォル」感想

QooQ