FFBE幻影戦争、UR10枠確定ガチャ炎上騒動について

2020年11月16日月曜日

FFBE幻影戦争

t f B! P L

幻影戦争のガチャでなんか炎上してるらしい、とコメントでちらっと触れてもらって知る。教えていただきありがとう。

気になったんでちょっと調べてみると、今回の1周年記念ガチャの有償UR10確定でまったく同じ出方をする、ていうやつみたい。


出る位置も全く同じなのかー。確かに炎上するやつだなー。画像のインパクトが強いもんな。テーブルがどうのー、と今まさにエキサイティング中である。

なんであんまどうでもいいけどちょっと考えてみる。


いいのが出すぎないように?

運営がガチャ操作するとして、なんで操作したいか、てのがやっぱ大事だよなー。やる理由ないならそんなリスキーなことする必要ない。炎上商法ならわからんけど。

ガチャ操作が本当だとして運営のメリット考えていくと、いいのばっかですぎないようにした、てのくらいか。アナザーエデンがなんかそんなんだったよな。3体以上でないマスクがあった的な。

ただ操作疑惑のダブり画像をみたけどそこまで悪い結果じゃないように見えるんだけどなー。ラマダの最新ビジョンも出てたしおれなら「お、いい引きじゃん」て喜びそうな結果なんだよなー。

まーガチャの当たり外れなんて人によるからアレだけど、いいのが出すぎないように、て理由を押すにはムズいくらいの充実した出目には見える。


ロケットえんぴつ型ガチャだった?

実は前々からロケットえんぴつ型ガチャだった、という考え方。

すげー言われてるテーブルてのと同じだな。


URがぎっしり詰まったロケットえんぴつ(テーブル)、SSRがぎっしり詰まったロケットえんぴつ…、というふうに各レアリティごとのロケットえんぴつが1本ずつあって、ユーザーがガチャ回すたびにレアリティごとにそのロケットえんぴつから押し出されてキャラが決まる。

つまりもし幻影戦争ユーザーがこの世に1人しかおらず、ずーっと一人でガチャ回し続け、でてきたURを並べると、そのロケットえんぴつに詰まってるキャラ通りの順番で手に入る、というもの。

キャラの排出確率が表記と違わないなら別に実装として違法ではない…と思う。ただそんな面倒な実装をするメリットはわからんけども。


このロケットえんぴつ型ガチャでUR10体確定を回すと普段は1キャラずつ押し出されているURキャラが一気に10体押し出される。

そして排出確率を厳密にしないといけないのでロケットえんぴつが一巡したらまた同じ順番でキャラが詰められることになる。

すると同じ配列のガチャ結果が生まれる。…なわけねーか。こんなめんどい実装無駄すぎるし対象キャラ2倍とかそういうのごとにまたロケットえんぴつ作らないといけない。


また、このロケットえんぴつ式ガチャ、というかテーブル方式は排他処理がとてもメンドウ。

Aさんの10連ぶん押し出して、次Bさんの1連押し出して…をサーバー側でしないといけない。ひっきりなしに全国からガチャ回されてるわけで処理待ちが長くなる、普通やらない。

排他処理しなきゃいいじゃん、となると例えば当たりの景品をたくさん配っちゃったりと、そもそもテーブルを作ったうまみが消える。


Seedが同じだった?

はい、結局ガチャと言えばSeed値、Seed値と言えばガチャ。FF8じゃない。

Seed値てのはプログラムで疑似ランダム数を作るための種(seed)。多くはミリ秒まで入れた現在時刻なんかを使う。

このSeed値が同じなら同じランダム配列が作られる。さっきの例だとミリ秒までまったく同じ時刻にガチャを回したならまったく同じガチャ結果になる。


んでたまにバグでこのSeed値が固定になってしまうことがある。…いやないけど、今回はあったんだろう。

別にSeedは現在時刻じゃなくてもいい。ただ単に重なりにくいから現在時刻を使ってるだけ。

例えば現在時刻になんか値をかけてSeedを作ってもいい。機械の温度とかノイズの量とか。

かけ算することでさっきのミリ秒まで同時にひいたときでもほかの要素が絡むからガチャ結果が分散する。


プログラム的に現在時刻を取得してエラーを起こすというのは聞いたことがないけど、「現在時刻×なんかの値」にしててその”なんかの値”がたまたま0になってしまうと結局今が何時だろうがSeed値は0。ゼロかけちゃってる。


そうなると今回のおんなじガチャ結果ばっか、みたいなことになる。個人的にはこれが一番しっくりくる…と思う。


…ただ、まー、そもそも有償のは回してないからぶっちゃけどうでもいい。こんなん回すくらいなら好きなキャラ選べるチケット買うなー。


おまけ:そんなことより今日までティーダのハードクエぜんぜん周ってなかった。完全に意識になかったなー。ま、いいや。

記事一覧

新しいコメント

QooQ