ウマ娘、最強チームが間に合わない!ときの攻略方法

2023年11月28日火曜日

ウマ娘

t f B! P L

ウマ娘はチャンミ以外のイベントのやる気がなー、というそこの俺みたいな人。

そうそう、ウマ娘のイベントってチャンミ以外だるいんだよね。わかる。その気持ち。そもそもチャンミ以外のイベントは名前言われてもそれがどのイベントかわかんないくらい。


特に「最強チーム」と「レーシングカーニバル」な。

もしかするとここでこの2つを同時に提示されるまで、こういったイベントが2つあることにすら気づいていないユーザーもいるかもしれない。

見分け方は、はないちもんめするのが最強チームで、BGMしばらく聞いてるとスーファミのロックマンだったりグラディウスが死ぬときの「ブチュンブチュンブチュン(フェードアウト)」みたいなSEが流れるのがレーシングカーニバル。

ほかの見分け方で言うと、一日の回数制限があるのが最強チームで、一日で終わらせられるのがレーシングカーニバル。


そう。

最強チーム、これ一日では攻略が間に合わない。

悪魔のようなイベント。


ここではウマ娘の最強チームが間に合わない!という方に向けて、最低で何日攻略に必要なのか、攻略のコツなどを書いていきたい。


最低4日必要

まずウマ娘、最強チームイベントで絶対に必要な攻略日数は4日

これは虹のかけらをゲットできる、イベントミッション「スカウトレースに60回出走しよう」を達成するのに、絶対に4日は必要だから。

最強チームは期間中、毎日昼の12:00にチケットが5枚復活し、また最強チームのデイリー報酬でチケットが5枚、計10枚毎日配られる。

それに加えて、ニンジンゼリーを食べることで1日に5回まで挑戦回数を増やせる。

という事で全部まとめると最強チームでは一日最大15試合できることになる。


で15×4で60なんで最低でも4日は必要。

…なのでもうすでにイベント期間が残り3日しかない!という場合はとてつもなく残念だけれど今回の最強チームイベントでは虹のかけらを1つ手に入れられないことになる。


ただここで「んじゃ最強チームもういいや」とすべてを諦めてしまうのはもったいない。

最強チームでは評価点の報酬でも虹のかけらが手に入る。


最強チームのコツ

まず最初に最強チーム開催期間中ずーっとまじめに無遅刻無欠席で10試合してるならなんの攻略方法もなく、余裕で評価点の最後の報酬までゲットできるんで、この先は読まなくていい。

ここからは最強チームサボってて間に合わない!という方だけ読んで欲しい。


最初に結論から書くと、

  • 初手:初期スカウトポイントが5,000あるはずなので、SS~UG0あたりの一律1,000ptでスカウトできる、また、チームスキル対象のキャラを5体交換(評価Gは罠)
  • SS~UG0の評価点は20,000点弱なのでこれでチーム評価点は120,000くらいになり、相手がDランクになる
  • その後:チームスキルの取得と図鑑埋め第一に考え、キャプテンは毎回変える。そしてスカウトポイント貯蓄。自身のランクがD3~Cに上がれそうならもう一体UG交換
  • 後はUD交換に必要なスカウトポイントは3,500くらいなのでそれを目安に貯める。たまったらできるだけ評価点の高いのと交換を続ける


が最強チーム攻略の一番の近道だと思う。このやり方で、2日と少し、つまり30~40試合で虹のかけらが手に入ると思う。

以下その理由。


初手UDの方がいいのでは?

初手一律1,000ptのSS~UG交換ではなくいきなりUDの方がいいのでは?という疑問。

確かにここでスカウトしたSS~UGは最強チームを進める中で交換しちゃういわば急ごしらえのメンツなんで、それなら最初から最終パになりうるUDをスカウトする方がいいのはその通りなんだけど、そもそも最初の方は相手も低ランクだからUDが見つからない。だからスカウトできない。探しまくればいるのかもしれないけど、やってた時は見当たらなかった。


虹のかけら取得に必要な評価点を7で割ろう

上記でいきなり出てきたUDランク。なぜUDが必要なのか?という疑問について。


きっと最強チームが間に合わない!というのは、(虹のかけら取得に)間に合わない!という意味だと思う。

なので虹のかけら取得に必要な評価点をチーム人数である7で割った数字を把握する必要がある。

最強チームは、新シナリオのたびに必要な評価点がインフレしていってるんで、その都度数字は変えてほしいけど、例えば今開催されいてる最強チームの場合、虹のかけら取得に必要な評価点は240,000。

240,000を7で割ると「34,286」。


つまり虹のかけらを手に入れるにはチーム一人当たりの評価点が34,286以上必要という事。

この最強チームでいう「評価点」っていうのは育成終わった後に表示される評価点と同じなので、34,000の評価点のウマ娘ってなるとだいたいUDランクくらいのウマ娘。

つまり最終的にチーム内全員がUDランクで埋まってないと虹のかけらが手に入らないってことになる。


評価Gが罠な理由

これは知らなかった…のかこのイベントに関する知識が消えたのかわからないけれど、どうやら最強チームは昔は評価Gのウマ娘のスカウトポイントが10とか100とかいうコスパのいい数字だったらしい。

ただ今回(2023年11月開催分)の最強チームからはUG0以下のスカウトポイントが一律1,000に変更されている。

なのでGを取るメリットがなくなった。ただ単に割高な商品を買ってるだけになる。


各ランク帯ごとのレース後獲得スカウトPtについて

ざっくりとだけど、最強チームで手に入る各ランク帯ごとのレース後獲得スカウトポイントはこんな感じだった。図鑑埋めでのボーナスがかなりかかってくる(最高2倍)んで人によって違うと思う。本当なら基礎獲得ポイントがかければよかったんだけど、ポイントの内訳みてなかったんでわからない、すまない。


  1. E:100pt
  2. D:250pt
  3. C:400pt
  4. B:600pt
  5. A:800pt
  6. S:1100pt
  7. S~:なんかどんどん増えていく


なのでとにかくE帯から早く抜け出すことが大事。Eランクで1試合するのとDランクで1試合するのとでは2倍ももらえるポイントに差がある。

また最強チームでは自分のランクが○3(例えばD3とかC3とか)の時でも一つ格上のランク帯(CとかBとか)とマッチするので、評価点とにらめっこして、格上とマッチングできる評価点までUG0を交換するのはコスパがいい。

(もしかするとD2とかC2とかでもマッチング相手の更新を続ければ稀に格上ランクとマッチするのかもしれない、やってた時はなかった気がする。)


例えば今C1で敵もCばっかりなら試合後のポイントは400ptくらい。ここでUG0を1,000ptでスカウトして自身がC3になればBとマッチングするんで以降600pt手に入る。結果5試合で先ほどスカウトしたUGのポイントが賄えることになる。

ここらへんは今現在の残りポイント数、ポイント大量獲得のできるスペシャルレースまでのレース数などで臨機応変に考えたい。

具体的には続く5試合以上、UDなどの最終メンバー獲得に必要なポイントがたまらない場合で、かつ、現在の評価点がUG交換で一つ上のランク帯とマッチする評価点である場合、に有効になる。


体感だけど、Bランクと戦えるランク帯(自分のランクがC3)からスカウト効率がめちゃめちゃ上がる。

上で書いた結論部分で初手で5体交換しとにかくDランクやCランクに行きたがってるのは、そういう意味。とにかく上のランクに上がる方がいい。


図鑑埋めとレーススキルの有用性について

図鑑埋めのメリット・効果はこれら。

  1. 図鑑を1キャラ埋めるごとに評価点が105点増える(ステ15アップ×7人=105)
  2. レース後の獲得スカウトポイントにボーナスがつく(最高2倍)

①は仮に50人図鑑埋めても評価点が5,250増えるだけなんで正直どうでもよくて、図鑑埋めは②のボーナスのためにやってる。


レーススキルのメリット・効果はこちら。

  1. 一つレーススキルを覚えるごとに評価点が約3,000点増える

例えばレーススキルを5つとも覚えられたら評価点が15,000点も盛れる。なのでUD以上で揃える必要もなくなり、UEがいても虹のかけらの評価点に届かせることができるようになる。


勝つこと前提で書いてない?

先ほどから最強チームで試合に勝つこと前提で話を進めてない?っていう疑問について。

最強チームでは仮に負けても何度もコンティニューでき、またコンティニューの回数に応じてこちらのパーティのステータスが伸びる仕様になっている。

なので基本的によっぽど舐めプしてたり、適正のないウマ娘ばかりでパーティをくんでいない限り、コンティニューし続ければ勝てるようになってる。


まとめ

ウマ娘の最強チームが間に合わない時の攻略方法を書いた。

まとめると、


  1. 最強チームはどうあがいても最低4日必要
  2. 評価点の方は2日と少しあれば虹のかけら入手可能


という感じ。

まあ間に合わない状態になる前にやっておくべきだなー、と今回反省しました。ただ、こんな風に切羽詰まったからこそ、上のような無駄の省かれた攻略チャートを実践できたわけでそれはそれで楽しかったんでいいかなー。

ウマ娘でここまで頭使ったの初めてかもしれない。

記事一覧

最新の記事

リバース1999、第三の門

QooQ