清水義範「蕎麦ときしめん」感想と評価

2024年5月15日水曜日

t f B! P L

清水義範さんの「蕎麦ときしめん」の感想と評価を。


めっちゃ面白い

ヤバいくらい面白い。読んでるとき声出して笑ってしまうくらい面白い。こんな面白い小説が俺が生まれるより前に出てたなんてなー。

「蕎麦ときしめん」は短編集。


で、個人的には本のタイトルにもなっている「蕎麦ときしめん」それから「猿蟹の賊」が特に面白かった。

それぞれのあらすじはというと、


蕎麦ときしめん:名古屋人をこばかにしまくる内容。家なんていくらでも建てられるから車でステータスアピールしてる、トヨタ以外の車を認めていない、プライバシーの認識がない、みたいなのをとても面白い具合に書いてある

猿蟹の賊:猿蟹合戦を何のパクリなのかわからないけど戦国時代の敵討ちっぽい感じ、赤穂浪士っぽく描いてる作品。めちゃくちゃ面白い。読んでる最中ずーっと笑ってた。


みたいな感じ。

ただただ面白い。


なんなんだろう、それぞれの短編集の文体もそれぞれ誰かのパクリなんだろうけど、どれを読んでも本当に読みやすくて、ユーモアにあふれてて、すごい。

もっとたくさん清水さんの本借りてこよ。単行本になってるやつの方が今のところ面白いんで、ある程度リサーチしてから図書館ですげー量予約しよ。


蕎麦ときしめんはたぶん買う。また読み返したいくらい面白かった。

記事一覧

最新の記事

ウマ娘、長距離LOH振り返り

QooQ