伊坂幸太郎「終末のフール」の感想と評価

2024年6月8日土曜日

t f B! P L

伊坂幸太郎さんの「終末のフール」の感想と評価を。


人の死を軽快に書けるのがすごいよなぁ…

伊坂さんの本は人の死をぜんぜん陰鬱感がなく書けてるのがやっぱりすごいよなーと思う。人の死すらおしゃれというか。

とても面白かった。この終末のフール。


あらすじとしては、


「8年後、小惑星が地球に衝突し全人類が滅亡する」と宣言されてから5年。世界は荒れ、暴動でたくさんの人が死んだ。しかし次第に世界はあきらめにもにた小康状態を取り戻していた。そんな世界で紡がれるいくつかの短編。


みたいな。

マリアビートルも終末のフールも同じで、普通の作家さんが書いたらものすごい暗い話になりそうなのに伊坂さんだから喜劇みたく読めるのがすごい。

逆にいうと普通の恋愛の話とかを書くと、薄っぺらすぎて読めないのかもしれないけど、こういう暗い話だと伊坂さんのスゴさが出てくるよなーと思う。


ただ本当にどうでもいいんだけど、あと3年で世界が滅亡すると言われてるのに、妊娠してしまった夫婦が短編の一つとしてえがかれてるんだけど、堕胎するか産むか、てのはもう産むしかないだろ、って思う。

堕胎しても産んでもその子は死んでしまうんなら、産むしかない、3年ていうハムスターかよと思う寿命だけれど幸せかもしれない方がいい。選択の余地なんてどこにあったんだろうって。

でもまー、それだけだなー。気になったのは。ほかはすごいよかった。


あとどうでもいいけど、今日はいい天気だったんで公園で本読んでた。

んじゃ横の横のベンチまでおじいさんが四つん這いでハイハイ?してきてて、んで、なんだろ?と横眼で見てたらベンチに座ろうとしてて、そこに通りすがったおじさんが助け起こそうとしてたんだけど無理そうだったんで、見かねて座らせに行った。

ただ、ベンチに座れない人がどうやって公園までやってきたんだろう。そもそもベンチに座ったとしても帰りどうやって帰るんだろう、って。

まー、どうでもよかったから本読み終わったんで帰ってきたけど、人間って冷たいからなー。こんだけ公園に人いてこのおじさん以外誰も助けないんだからな。

四つん這いで家まで帰るのかもなー。

記事一覧

最新の記事

ウマ娘、中距離チャンミ第1日目

QooQ