FFBE幻影戦争、プラチナボウクラフトと、キラーボウとの与ダメージ比較

2020年12月18日金曜日

FFBE幻影戦争

t f B! P L
プラチナボウの防御貫通率20とキラーボウの射撃攻撃力15の与ダメージ比較は記事下部に。

うーん、ランクマッチめっちゃ勝てないなー。

TPアビでヘイト取れるキャラいればいいとこまでいけそうな感じ。でもレインも光の戦士も持ってない。ま、いいや。

ムリに勝つ必要もないし、今回はスルーしよ。


んで、寝てる間に周回したり、リアートでマルチに何度か参加させてもらってプラチナボウのレシピ集め終わり。よーし、んじゃさっそく作ってくかー。


プラチナボウ+5クラフト

プラチナボウはやっぱアサルトで。

弓キャラは器用さ高いから武器でクリティカル盛らなくてもクリティカル出やすいし、それならアサルトの方がいいっぽい。


今回は+4でいったん2つ作って育ち具合を確認。やっぱ確認は大事だよなー。

アサルト+4とクリティカル+4にそれぞれアダマンを食わしてく。


アサルトの育ち方

プラチナボウアサルトは失敗時に攻撃1だけ伸びる。成功時5。んでけっこう攻撃1だけが多い。こいつは苦戦する匂いがプンプンする。あらやだ臭い、である。


クリティカルの育ち方

プラチナボウクリティカルは失敗時にHP1だけ伸びる。あとクリティカル18もあるんだから、成功時に2くらい伸びるんかなー、と思うも成功時1しか伸びない。

攻撃はアサルトとおんなじで成功時5伸びる。というかクリティカルだと失敗時に攻撃伸びないんで攻撃伸びるときは5ずつ伸びてく。


うーん、クリティカルはクリティカルでカンストムズそうな感じ。


んでプラチナボウ+5

んでプラチナボウアサルト+5をクラフト。

さっそくアダマンを与える。


……



やっぱ日ごろの行いか。最近日ごろの行いすげーいいもんなー。1日3回は日ごろの行いいいもんなー。朝起きて日ごろの行いいいし、お昼休みに日ごろの行いいいし、夜寝る前に日ごろの行いいいし。

もはや日ごろの行いがいいのがデフォすぎて、ちょっとした立ち振る舞いで日ごろの行いが悪く見えるくらい日ごろの行いがいい。良すぎる。

ベッキーが浮気でガクッと露出減るのに似てる。あんないい子が…という反動。逆ジャイアン現象ともいう。


…今作った。


それくらい日ごろの行いがいいもんで、プラチナボウクラフトもご褒美なのかものすごくうまくいった。すげーうれしい。

攻撃の刻印だけずーっと入れ続けて、槌込みで攻撃はカンスト。ラッキーである。


うん、クソおもんない。失敗してあーだこーだ言うのがおもろいのに。他人のラッキースケベが嬉しいやつはいない。


防御貫通20vs射撃攻撃15

んで肝心の「プラチナボウの防御貫通率20とキラーボウの射撃攻撃力15てどっちが強いの?」ていう本題。


通常攻撃だとキラーボウの射撃攻撃力15の方がダメージ出る場合が多いだろうなー。んで攻撃アビリティの倍率が上がれば上がるほどプラチナボウの防御貫通率20の方がダメージ出るようになってく。ちょっと見てみよう。


攻撃力900で通常攻撃

攻撃力900で通常殴りしたときの比較から。攻撃力900でも100でも1万でもプラチナボウとキラーボウでダメージが逆転するタイミングは同じなんで、別に900に意味はない。


キラーボウ

  • 防御20:900×1.47×(0.7+0.15)×0.8=899
  • 防御30:900×1.47×(0.7+0.15)×0.7=787
  • 防御40:900×1.47×(0.7+0.15)×0.6=674
  • 防御50:900×1.47×(0.7+0.15)×0.5=562


プラチナボウ

  • 防御20:900×1.47×0.7×(0.8+0.04)=777
  • 防御30:900×1.47×0.7×(0.7+0.06)=703
  • 防御40:900×1.47×0.7×(0.6+0.08)=629
  • 防御50:900×1.47×0.7×(0.5+0.10)=555

通常攻撃だとキラーボウの方が強いっぽい。相手の防御60くらいでプラチナボウの方が与ダメージ増えるはず。


攻撃力900で狙い撃ち

狙い撃ち(倍率163%)で計算。

実際には通常攻撃と違ってアビリティの場合は、攻撃力だけじゃなくて器用さとかもみてるらしい(アビリティ倍率のwiki)けど今回は割愛。武器変えたところで変わらず共通する部分だろうし比較するうえでは無視できるハズ。


キラーボウ

  • 防御20:900×1.47×(1.63+0.15)×0.8=1883
  • 防御30:900×1.47×(1.63+0.15)×0.7=1648
  • 防御40:900×1.47×(1.63+0.15)×0.6=1412
  • 防御50:900×1.47×(1.63+0.15)×0.5=1177


プラチナボウ

  • 防御20:900×1.47×1.63×(0.8+0.04)=1811
  • 防御30:900×1.47×1.63×(0.7+0.06)=1638
  • 防御40:900×1.47×1.63×(0.6+0.08)=1466
  • 防御50:900×1.47×1.63×(0.5+0.10)=1293

たぶん相手の防御34,5のとこでプラチナボウの方が強くなる。


んでまとめ

結局、あれ?なんかキラーボウの方が強くね?という結論にいたったあなた。それは大きなミステイク、だと思う。

さっきの計算式だと射撃攻撃力アップ15しかない状態で見てた。

でも実際はクリダメ、キラーダメ、属性アップなんかが攻撃にはのっかってくる。プラチナボウの防御貫通率は一番最後にかけ算される部分だから、こういうのにぜんぶ影響してくる。

つまり、プラチナボウはあの計算式以上にダメージが出る場合があり、いろんなもんがのっかる実環境だとほぼあれ以上が出る。


かたやキラーボウの射撃攻撃力15は、通常攻撃だろうがアビだろうが攻撃力の値しか見ない固定値。なもんで倍率の低い通常攻撃(0.7)だと影響がデカくなってる。

ダメージ計算式でいうと足し算部分だから、倍々的な伸び方をしない。

つまり、キラーボウについてはあの計算式がほぼ理想値で実環境でもあれから変わることはない。


んでそういうのなくても結局、対人て通常攻撃するよりアビリティで攻撃すんじゃん、てのも大きい。

通常攻撃の比較とかぶっちゃけどうでもいい。あんなものはアビリティの超威力の前では誤差である。

アビ前提だと、相手の防御20以上あったらキラーボウ、プラチナボウ両者で与ダメージほぼ変わらんし、タンクにダメージ通せるようになるプラチナボウの方がメリット大きい。

記事一覧

最新の記事

FFBE幻影戦争、やっぱダメだな

最近のコメント

QooQ