ヘブバン、イベント「レクイエムフォーザブルー」感想

2022年3月8日火曜日

ヘブンバーンズレッド

t f B! P L

ヘブバンはこういうイベント産Sキャラ育てて、3章そして続く4章をクリアしてね!という事なんだろうけど、これやるとツイッターや5chなどの活気が失われて(敵が強すぎてストーリー攻略できないため、ネタバレを避けたいからSNS等を見なくなる)ゲームとしてはマイナスだと思う。


とりあえずキャラが揃うまではストーリー進められないんで放置だったんだけれども、今回31Bを主役に据えたイベント「レクイエムフォーザブルー」が実装されたんでやってみた。

ネタバレがあるんでやってない人は読まないでほしいけど、とりあえず一言で感想を書くと独白部分は熱いけどそれ以外しょうもないなーというのが感想。


さ、それじゃあレクイエムフォーザブルーを少し見ていこう。


レクイエムフォーザブルーの感想(ネタバレ含)

レクイエムフォーザーブルーは31B側に視点を置いた2章の振り返りイベント。

殺し屋の二人、いちごやすももの心情が描かれる。特にいちご。


うーん、なんていうかそもそも蒼井を立ち直らせるためにわざときつく当たるっていう部分の動機がよくわからない。

殺し屋の私たちにはこの方法しか、っていってるけどちゃんと考えた?と思う。なんというか安直なんだよなここって。2章本編のころから。

んでレクイエムフォーザーブルーでさらにいちご視点で説明されてもやっぱりよくわからない。それお前のわがままじゃないの?としか思えない。


んでさらに話は進み、蒼井がお守りを作る微笑ましいシーンなんかをはさみながら、今度はそのお返しにいちごたちがシュシュをプレゼントすることになる。

このシュシュを作るために有明まで行ってたとは。知らなかった。


ただここもすごいお粗末。

明日本作戦を控えた部隊員がシュシュ作るために負けるかもしれないキャンサーに戦いを挑んでシュシュの素材を集めるとか。

こんなん怒られるだけで済む話じゃない。ぼくが指揮官ならもう除隊させるレベルで規則違反。というかこんなんしたら蒼井に迷惑がかかるってわからないわけじゃないだろうに。

そういうのをすべて無視して、上で上げた蒼井に強く当たる説明よりもさらに安直すぎて。ヘブバンといえどもイベントはこのレベルのストーリーなのか…と思ってしまう。


正直めちゃくちゃヒドい出来。


でもその後のいちごの画面度アップの独白シーンは熱かった。あとやっぱりフルボイスはすごいの一言。


でもそれだけだった。

蒼井がかわいかったのと最後の最後のいちごが熱かったのだけ。

本編とはストーリー考えてる人が違うんだろうけど、もうちょいちゃんとしたストーリーにしてくれるとありがたい。

記事一覧

最新の記事

FFBE幻影戦争、思ったのと全然違うストーリー

コメント

QooQ