新作ソシャゲ、いろいろやってみてのおすすめランキング的なの

2022年4月28日木曜日

エヌイノセンス オリエントアルカディア シンクロニクル ヘブンバーンズレッド 聖剣伝説EOM

t f B! P L

新作ソシャゲ(3月~4月)のうち、プレイしてみたものをざくっとランキング形式で紹介。

今も続いてるやつ、数日でアンインストールしたやつ、いろいろあるけどまーなんか。


まーなんか、だった。

とりあえずゴールデンウィーク、雨多いしなんか新作ゲームでもないかなー、って人は参考にしてもらいたい。ではいこう。

ちなみに今も続いているのは2位と1位の2つだけ。


ラインナップ:

  • 聖剣伝説Echoes of Mana
  • エヌイノセンス
  • オリエントアルカディア
  • シンクロニクル
  • ヘブンバーンズレッド


5位:聖剣伝説EOM

新作ソシャゲランキング5位は聖剣伝説EOM。

うーん何が楽しいのかわからない。聖剣らしさがない。ただのキャラゲー。聖剣伝説の”キャラ”が好きな人はハマると思うけど、聖剣伝説のあのなんか軽ーい感じというか、自由な感じが好きならまったく合わないと思う。

戦闘も面白くないし、ロードがいたるところ、もう野生のロードであふれてるから気軽にいろんなとこタップできない。キャラ詳細見ようとしただけで数秒ロード。横スワイプでキャラ切り替えもできず、毎回キャラ一覧に戻って、一体ずつキャラ詳細開いてはまたロード。

開発がアナデンやヘブンバーンズレッドのWFS、運営がスクエニ。

スクエニはまああれとして、アナデンでできてることがなんで聖剣伝説EOMでできなくなってるのか不思議。

とにかくすごく残念なソシャゲだった。


4位:オリエントアルカディア

新作ソシャゲランキング4位はオリエントアルカディア。

中国産ソシャゲによくある戦力値をガンガン盛るタイプのゲーム。戦力10万とか100万とかそういうゲーム。ドラゴンボールのスカウター的な。私の戦闘力は53万です的な。


……



違うか。

キャラ集めても戦力が上がり、どうでもいいミニゲームで昆虫集めても戦力が上がる。昆虫図鑑の埋まり具合が戦力に寄与してくる。そんなゲーム。


オリエントアルカディア(オリアカ)はまったく課金しなくてもだいたい毎日10連はガチャ引けるくらいガチャガチャ出来るし、ガチャがしたい人にはいいゲーム。

イラストもいいし、音楽もいい。


ただ日本語訳がかなり適当で、意味は分かるけどなんだかなぁ、と思う部分も多い。

MMORPG的な感じでサーバーがいくつも分かれてて、開放日が違う。ここらへんも中国産ソシャゲに多い感じ。日本でサーバーが分かれてるソシャゲってラグナドールくらいしか知らない。

個人的に戦力を盛るゲームがあんまり好きじゃないんで4位で。ラグナドールが好きならハマると思う。


3位:ヘブンバーンズレッド

新作ソシャゲランキング3位はヘブンバーンズレッド(ヘブバン)。

ヘブバンはこっちの記事でも書いたけど信者で成り立ってるゲームなんだと思う。わざわざ人のブログにコメントつけてまでヘブバン批判を否定してくる熱心すぎる信者もいるんで、個人的にヘブバンをやってる層が嫌い。まあそんな人らはヘブバンユーザーの極一部だろうけど、心象は抜群によくない。


ゲームとしてはストーリーと音楽はすごいいい。

キャラのやり取り、掛け合いは人によると思うけど、個人的には寒くて好きではない。銀魂で銀さんが女体化するアニメ回を違和感なく見れる人は合うと思う。反対に声太くした女性声優が無理やりツッコみしてるのに寒さを覚えたならヘブバンは合わない。


あと、そんなんよりヘブバンは肝心の戦闘部分がクソ面白くない。戦闘がもっさりとかそういう次元じゃなくて、戦闘のダメージ計算式がクソ。特定の閾値を越えないとダメージが出ない。レベリング命で戦略もくそもない。根柢がダメなんで今後面白くなる期待がない。


あとガチャが死ぬほど渋い。渋いというかガチャ石ぜんぜん配布しないんで課金せずにヘブバンしようと思ってるならかなりリセマラして最高レア6体揃えるのがおすすめ。

アナデン、オクトパストラベラー、そしてヘブバン。この系譜のガチャ石配らない系ゲームだと思ってもらえればいい。まあどれも対人のないソロゲーだからガチャ石そんな配れないっていうのもわかるししょうがない。


2位:シンクロニクル

新作ソシャゲランキング2位はシンクロニクル。

売上がヤバい。ゲームとしてはおもしろいけどこのままだとそのうちサ終するだろうな、という不安がたえず付きまとってるソシャゲ。


戦闘はそれなりにRPGしてて戦略性もあり、ストーリーも変に日本語にこだわってる感じを除けばかなり面白い。音楽も素晴らしい。

戦闘画面がチープでなんかプレステ2初期のゲーム感があるところやら、ガチャの仕様が他ゲーと比べて渋かったり(ガチャ確率がというよりガチャで被ったときの欠片とかそういう部分が渋い)、あとイベントがことごとく時間拘束系なのがよくない。


てことでシンクロニクルはストーリーを楽しむだけならちょうどいいゲーム。

それ以上やろうとするとイベントは時間だけ奪われるし、ガチャ渋し、とあんまりおすすめできない。


たぶんだけど最初からガチャ石配布を多くして、階層キャラを一部星2に。

現状星3だけど階層キャラでも精鋭キャラでもないのも全部星2に。

んでガチャは精鋭ガチャのみにして、そこから階層キャラも出るように。


てのをしていれば今の売上低迷はなかったと思う。残念。


1位:エヌイノセンス

新作ソシャゲランキング1位はエヌイノセンス。

エヌイノセンスはシンクロニクルよりも売り上げがヤバい…と思う。プレイストアでランキングを見てみても載ってない気がする。新作ソシャゲでランキング外っていうのは初めて見たかもしれない。

いやどっかに載ってて見逃してるだけかもしれないけどこっちもサ終の足音が近づいているソシャゲ。


そんなソシャゲをランキング一位として紹介するなよっていう話なんだけれども、そりゃもうごもっとも。

ただエヌイノセンス、ゲームとしてはここ最近で一番おもしろい。だから1位。これはしょうがない。売れてるかどうかは関係なく面白いもんはおもしろいんだから。


ストーリーは読んでないんで評価できないけど、戦闘がとにかく面白い。

エヌイノセンスの戦闘は格ゲーライクな見た目となってる。まーやることは画面連打してコンボつなげるだけなんだけれども、回避を考えたりしだすとそれなりにアクションゲーになっていい。


戦闘が面白いっていうのってゲームで大事だと思う。あと探索が面白いっていうのも大事と思ってる。ゼノブレイドみたいな。ソシャゲでいうと原神みたいな。

その他の部分ってゲームでやらなくてもいいというか。


ストーリー読むだけなら小説でいいし、キャラ見たり熱い演出だけならマンガやアニメ、映画でいい。

ゲームってもう少し能動的なもので、自分で「こうやりたい!」っていうのがある。その能動的なところが小説、アニメ、マンガのような受動的なメディアと違う。


その「こうやりたい!」って一番思ったのがこのランキングでいうとエヌイノセンスだった。


ただエヌイノセンスも結構ひどい部分があって、

  1. フレンドポイントでの素材ガチャでプレイヤー感に格差ができすぎている(なぜフレンドポイント取得に上限をつけなかったのか)
  2. ガチャ演出がショボい(キャラもカードである必要があるのか)
  3. キャラの凸仕様がエグい
  4. レベル上げ素材のドロップがエグい


ようは戦闘が面白いのはおもしろいけど、それ以外の部分が総じてよくない。もったいない。もっと作り込んで、んであと宣伝?をちゃんとすればこのゲームの面白さ、光る部分にもっといろんな人が気づけたのに。


リリース日からプレイしてる感じ、運営がきちんとゲームの動線を作れていない、ようはテストプレイしてない感がすごい。

そこの数値それで合ってる?とか、こっちは絞ってくるのにこっちはゆるゆるガバガバなの?みたいなのが多い。


そして戦闘部分の開発陣だけめちゃくちゃ有能。それがエヌイノセンス。


まとめ

ここ最近リリースされた新作ソシャゲ5つを実際にプレイしてみて、それをランキング形式で紹介した。

まとめるとゲームがしたいならシンクロニクルかエヌイノセンス、ガチャ引きたいならオリアカ、ストーリーだけ重視するならヘブバン、という感じ。


……



聖剣伝説EOMは…。これやるなら聖剣伝説LOMやるなー。

記事一覧

最新の記事

FFBE幻影戦争、思ったのと全然違うストーリー

コメント

QooQ