中村文則「掏摸」感想

2024年4月21日日曜日

t f B! P L

中村文則さんの「掏摸」の感想を。

ちなみに掏摸とかいてスリと読む。こんな字だったんだな。スリって。


普通

うーん、特に言及することもないくらい超平均的な中村さんの小説って感じ。だから別に読まなくてもいいと思う。ほかの中村さんの小説を読む方が楽しいと思う。

なにか特別な点あっただろうか…。


普通にスリを生業にする生い立ちの悲しいおっさんが、狂気を持った別のおっさんの手のひらでおっさんおっさんするっていういつもの中村さん。


まじで本当によくある中村さんの小説って感じ。どこにも飛び出た要素がない。

中村さんの作風自体が小説全体で見たらかなりレアだと思う(オレが知らないだけかもしれないけど)んで、中村さんの本読んだことなかったらこの掏摸も相当インパクトデカいとは思う。


あー、でも終わり方はカッコよかったなー。

たぶん中村さんの本の中で終わり方カッコいいトップ3には入ると思う。

記事一覧

最新の記事

ウマ娘、長距離LOH振り返り

QooQ