やばい領域

2024年4月27日土曜日

t f B! P L

やばいな、声優って詳しくなっていくもんなんだな。自分が今更だけど怖い。

ヤマノススメのEDクレジット見てたらこれ主人公の声リバース1999の37、幻影戦争のグラセラの声の人だったんだな。

名前見てわかるレベルまで来てしまった…。


あとここな?中学生の女の子の声は、悪役令嬢がどうのこうのの、白髪のやつ、だよな。これは声だけで分かった。

なんか目つきの悪い悪役令嬢がどうのー、額の傷がどうのー、農業するよーっていうアニメ。で確か白髪のやつは主人公の前世の親友のオタク、みたいな。

タイトル調べてみたら「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」ていうなろうアニメだった。


ヤマノススメだと個人的にはひなたの声が好きなんだけど他どのアニメで出てるのか全く分からない。


…ていう具合に入っちゃいけない領域まで来てる気がする。

そもそもだけど「ヤマノススメ」とか「悪役令嬢がー」とか普通の人見ないよな。そこがまずやばい。見てるアニメが完全にオタクに染まっていってる。


ものすごい言い訳だけど作業中に流しておくのにちょうどいいんだよな。こういう薬にも毒にもならないアニメ。


でそういうものを見て、さらに声優にまで詳しくなってきている危機感。

なんなら「ひなたの声が好きなんだけど」みたいなオーダーまで話し出す始末。やばいしかない。


そのうち声優のライブとかに足を運ぶんじゃないか、という危機感。

ただまだ声優のビジュアルに全く興味がないからそれは大丈夫…だと思いたい。逆に顔見ちゃうと幻滅する、というかキャラのイメージが壊れるから顔出してほしくないと思えてるから、まだ大丈夫…と思いたい。


しかし何がやばいってこれ書きながらこれ聴いてるところ。


名医「もう末期ですね」


だな。

記事一覧

最新の記事

ウマ娘、長距離LOH振り返り

QooQ