FFBE幻影戦争、信銘石のセット効果のおすすめについて

2022年12月26日月曜日

FFBE幻影戦争

t f B! P L

はい、んじゃ室温も上がってきたことですし、信銘石のセット効果のおすすめについて書いてきますね。


最初に結論から書くと信銘石のセット効果、左側はラック、右側はスピードがおすすめ、というか丸いです。汎用的というか。


こっから先は結論だけじゃ満足できない欲張りな方向けの、なんでラックとスピードがおすすめなのかについて各セット効果を取り上げながら見ていきますね。


※下記記述の「赤枠ステ」というのは信銘石のタイプごとでトラマスのステータスに直接プラスされる数値の事。信銘石詳細画面の石のアイコンの下に赤枠で書かれてるやつ。トラマスのステを上げるんで武具間のステータス重複による減衰を受ける


左側信銘石のセット効果

ヴァイタル

  • セット効果:HP5%アップ、全属性耐性5
  • 赤枠ステ:HP100×3


ヴァイタルはセット効果の数字が単純に小さすぎるのと、赤枠ステでトラマスのHPを上げても、防具と被るんで重複しちゃって結局50%の150しか伸びない。


タンクの信銘石にはヴァイタル、っていう考えもありそうだけど誤差な気がする。そこで盛るより夢幻強化の果てしないHP盛りの方がはるかに耐久度という意味では重要になってくると思う。てことでヴァイタルはあんまりおすすめしない。


シールド

  • セット効果:防御3%アップ、治癒力10
  • 赤枠ステ:防御4×3


シールドはトラマスじゃないほうの武具で精神盛りの防具やアクセサリを装備させる!って決まってるならありだと思う。

逆に、防具でも防御盛って、トラマスでも防御盛って…、となるとヴァイタルと同じで武具間のステータス重複が起こってしまう。さらに防御や精神は重複するとステの小さい方が20%しか反映されなくなるので、仮にトラマスの方の防御が低いなら赤枠ステで防御を12盛れてたとしてもその20%の「2」しか防御が上がらないという悲惨な状態になる。

てことで装備に縛られるんでまったく汎用的じゃない。


バリア

  • セット効果:精神3%アップ、治癒力10
  • 赤枠ステ:精神4×3


シールドと全く同じ理由でおすすめはできない。未来永劫、絶対この精神盛りトラマスとこの防御盛りアクセでルンルンコーデするんだ!っていう、フランス人は10着しか服を持たない的な思考じゃない限りどこかで「うわー、バリアで作っちゃったよ」となるはず。

んでフランス人だって10着に加えたり捨てたりしてるからね。ロケット鉛筆みたいな感じで、11着目買ったら最古参の1着捨ててるからね。

なんならフランス人10着以上服持ってるからね。じゃないとフランスの服屋さん死ぬ。


アヴォイド

  • セット効果:クリティカル回避25
  • 赤枠ステ:クリティカル回避4×3


あーはん?

アヴォイドはですね、これは緑や青、食わせるときに作るやつです。絶対アヴォイドの信銘石を使わないから一覧で見たときに「あ、これエサじゃん」とすぐ見分けがついていいんです。生活の知恵、ですねぇ。


とりあえずもっともおすすめしないやつ。


テクニカル

  • セット効果:TP10%、獲得AP25%
  • 赤枠ステ:TP10×3


うーん、いらない。

アヴォイドとエサの座をかけて戦っている。

獲得AP25%アップいいじゃん、なんだけどもう今の幻影戦争は物理職といえども何かしらのAP回復手段を持ってるんで敢えて信銘石で上げなくてもいい。


ドッジ

  • セット効果:回避15
  • 赤枠ステ:回避2×3


遥か昔、ドッジ、ラック抗争というのがあった。

それはもう激しい戦いで両陣営とも多くの犠牲者を出したが、結局勝利したのはラック。


その理由を後世の歴史家はこう分析している。

  1. 赤枠ステの回避6が他武具の回避ステと重複してしまい30%しか効果が得られないため


という事でドッジは回避に特化してるのに言うほどラックと回避率が変わらない。


ラック

  • セット効果:運15%
  • 赤枠ステ:運4×3


そうしてとりあえず左側おすすめのラックの登場。

幻影戦争では運が上がると回避と命中が上がる。だいたい運15%だと命中回避ともに10くらいは上がる。そこに赤枠ステで運12もあるからこっちも回避命中換算で3くらいは伸びる。

結果、回避と命中が合計13くらい伸びる(はず)。

命中と回避高くて困るってことないじゃん。てことですんごい汎用的。


ここまでまとめると左側信銘石のセット効果でおすすめなのは順に、

  1. ラック
  2. シールド(バリア)
  3. ヴァイタル
  4. その他


ということになる。

ガッチガチにそのキャラ用に信銘石作るならシールドやバリアも候補に上がるとは思う。そこまで幻影戦争やり込む人がわざわざこの記事を読んで信銘石を学ぼうとしているとは思えないけれども。


右側信銘石

アサルト

  • セット効果:攻撃10%、防御貫通10
  • 赤枠ステ:攻撃15×3


かなりおすすめ。


マジック

  • セット効果:魔力10%、精神貫通10
  • 赤枠ステ:精神15×3


かなりおすすめ。


デックス

  • セット効果:器用さ35%
  • 赤枠ステ:器用さ5×3


個人的にはデックスめっちゃ好き。というかデックス教に入信してる。毎日3回、デックスの方角に向いてなんか正座みたいな動作してる。

ただ一般的ではないと思うんでおすすめはしない。


クリティカル

  • セット効果:クリ発生率15%、クリダメ10
  • 赤枠ステ:クリティカル2×3


うーん、クリティカルの信銘石セットするならデックスをおすすめする。んでデックスをおすすめするならアサルトかマジックをおすすめする。

クリ発生率という観点ではデックスもクリティカルとほぼ同じで15%程度伸びる。

クリダメ10アップがあるぶんこっちの方が強いんだけど、赤枠ステが他武具と重複するだろうから完全に死ぬのがもったいない。


アクティブ

  • セット効果:最大AP10%、AP消費10%ダウン
  • 赤枠ステ:最大AP5×3


あーはん?その2。

右側信銘石界のエサ、という異名を持つ。


エイム

  • セット効果:命中15
  • 赤枠ステ:命中2×3


エイムは必中を持たないキャラにはおすすめなんだけど、環境が回避環境じゃなくなったらアサルトかマジックに変えたくなるだろうし、とにかく汎用性が一切ないんでしんどい。


スピード

  • セット効果:回避5、素早さ3
  • 赤枠ステ:素早さ1×3


で、右側信銘石で一番おすすめのスピード。

とりあえず素早さ盛っとけばよくない?という精神。汎用性の塊。

あと、んじゃアサルトとかマジックは汎用性ないの?ってツッコみたくなると思うけど、例えば今は回避パじゃないのを組んでるとして、アサルトやマジックでやってるとする。

んである時育ててる属性で回避キャラやら回避ビジョンが出まくってきて、その属性が急に回避推しになる事が、この幻影戦争という悪しきゲームでは時々ある。

そういう時に今使ってる信銘石がアサルトやマジックだとスピードに作り直さないと行けなくなる。

てことで汎用性という面ではスピードの方が優秀。


右側信銘石のおすすめセット効果を順で書くなら、

  1. スピード
  2. アサルト(マジック)
  3. エイム
  4. デックス
  5. クリティカル
  6. その他


となる。

というかその他って書いてるけどもうアクティブしか残ってないな。


ちなみになぜデックス教なのかというのをさらっと。

何がどうなるのかわからないこの「器用さ」というステータス。器用さを35%盛るっていうのを実際の戦力に置きかえると、

  • 攻撃(魔力)30程度アップ
  • 命中10%程度アップ
  • クリ率15%程度アップ


と等しくなる…はず(参照した情報が間違っていなければ)。

結局、アサルト(マジック)とエイム、それからクリティカルを足して3で割ったような効果が得られるのがデックス。そういう意味でもスピードと似ていて丸い。汎用的。

くわしくは違う記事で書く。


まとめ

今回はFFBE幻影戦争の信銘石、そのセット効果のおすすめを各セット効果を見つつ書きました。

まとめると、


左側信銘石

  1. ラック
  2. シールド(バリア)
  3. ヴァイタル


右側信銘石

  1. スピード
  2. アサルト(マジック)
  3. エイム


となります。

みなさんもよい幻影戦争ライフを!


……



ん?急にデスマス調で怖いですって?

うふふ、何を言っているのかしら。


……



「ママ―!見て―!あそこに唇ブルンブルンのサボテンダーがいるよー!」

「あらまあ、本当ねっ!女の子なのかしら。」



記事一覧

最新の記事

中村文則「あなたが消えた夜に」感想

QooQ