ディアブロイモータル、もし仮にこれがハクスラだったとして

2022年6月18日土曜日

ディアブロイモータル

t f B! P L

ディアブロイモータル、パラゴン30までやり込んだ?けれどもなんかやることがなくなってきて30になったとたんやる気がなくなっていってる。

パラゴン30で共鳴値が1120くらい。


んでHELL2に行くわけだけど、敵が強い。でもようやっと初めてヘル2のレジェンダリー装備をゲット。

さっそく鑑定士で鑑定してもらったら、これステの値が伸びるんだな。ヘル1だとステ35とかが上限だったのがヘル2だと45とかが上限になってるっぽい。


……



んじゃディアブロイモータルってHELL1で集めた装備全部いらなくなる。

もっというとHELL2で集めた武器も、それからHELL3で集めた武器も、将来的にはいらなくなる。

結局HELL4そして、サービスが続いたら続々追加されるであろうHELL5、HELL6…の武器じゃないと厳選する意味がなくなる。


というのに気づいてなんか急にモチベが。


ただよーく考えるとソシャゲでハクスラってそもそも個人的に楽しめたんだろうか、って気になってくる。


ソシャゲでハクスラ

ディアブロイモータルはそもそもハクスラ要素が少な目というか、生粋のハクスラじゃない?と思う。

パーティ強要や一日のレジェンダリー武器ドロップ制限的なやつ(体感)も含め、もくもくと自身の強化だけを目標に敵を狩って装備を厳選したりできない仕組みになってるし、普通のMMORPG。


でも仮にディアブロイモータルが生粋のハクスラゲーだったとして、ソシャゲのハクスラってハマってたんだろうか。


まずコンシューマーゲーと違ってソシャゲってどんどんアップデートしていく。

普通のソシャゲなら毎月2回くらいは新キャラや新装備が実装されている。


もしこれをキャラガチャのないディアブロイモータルでやろうとするなら、スキンを毎月出したり、月間パスポートを実装するのはもちろん、新しい武器やレジェンダリー宝石の実装、それからHELL5、HELL6のようなレベル上限になったユーザー向けの新しいレベル帯の新設などを行っていくことになるんだろう。


もしそんなゲームで生粋のハクスラなんてなろうものなら、新しくHELLが追加されるたびにまた装備厳選しなおし、の無限ループが待ち構えているようになる。

たぶんオレはそんなゲームすぐにやめてると思う。


いやどんなソシャゲも結局インフレに付いていくしかないっていう点は同じなんだけど、硬派なイメージのあるハクスラだとそのソシャゲ感に納得いかないというか。

多くのソシャゲではインフレについていくにはガチャ引くだけなのに、ディアブロイモータルではそのたびに装備掘らないといけないのはしんどいというか。

インフレ前に装備を掘った時間が丸々無駄になってるのがきつい気がする。よく考えるとガチャと同じなんだけれどもなんか気持ち的に負担が大きい。


本家ディアブロを知らないけど、ハクスラゲーっていうのは最終目標がすでに見えてて、それに向けて妥協することなく装備を掘ることに楽しみがあるんじゃないか。

でもソシャゲはサービス終了するまではインフレの連続。終わりなんてない。


そうなるとそれって完全に苦行というか。

終わりがないけど現状の最適解まで装備をそろえる。そしてまたその最適解という名のバス停が動かされ、またそこに向けてハクスラしていく。


ウロボロスの輪に近いというか、終わることのない作業。


普通のソシャゲなら対人を備え付けて、インフレはするものの一時の「オレつえー感」をユーザーに楽しんでもらう仕様になってるか、そもそもキャラ性能よりもキャラの魅力で売り上げを伸ばす方向に舵を切っている。


ディアブロイモータルで後者は絶望的なんで、結局あのMOBAもどき対人が本作のキモなんだろう。あれほど「負けましたボタン」が欲しいゲームはないけれども。マッチング時に廃課金がいるかどうかで勝敗が決まるゲーム。


だからたぶん、ディアブロイモータルが今のようなMMORPGじゃなくて、普通のハクスラだったとしても個人的には今、このHELL2に入った段階で飽きてると思うし、それならMMO色を強めてリリースした運営の想定は正しいように思える。

ほかのユーザーとパーティを組むことで、連帯感や交流の楽しさを味わってもらい、もくもくと装備を掘る苦行を薄めたいんだろう。


うーん、個人的にはゲームを人とやるのがそもそも好きじゃない、というかゲームくらい100%自分の好きなようにやりたいんでこれ以上は進められない感じだな。

ただそれはディアブロイモータルがMMORPGだったとしても、ハクスラだったとしても同じで、そもそもソシャゲとディアブロっていうのがまったくかみ合ってないんだと思う。


もしやるとするなら、HELL1でもHELL2でも、最高ステータスの装備がドロップするのは同じとして、そのドロップ率に差を設けるようなやり方が理想だと思う。

そうであればどのレベル帯にいても頑張り次第で最高装備が手に入るし、それはツイッターやらなんやらでドヤる、つまりゲームの宣伝をユーザーが勝手にしてくれることにつながる。

レジェンダリー宝石についてもそうで、レジェンダリー紋石を使ったらドロップするとかじゃなくて、レア紋石だろうが、何も使わなかろうがドロップはするけどそのドロップ率で差をつけるやり方にする方がよかっただろう。


今このレベル帯でプレイした時間がまるまる無駄になるわけじゃないっていうのはゲームを続けるモチベにつながると思う。

記事一覧

最新の記事

はじまりは彼女

コメント

QooQ