強くてニュードラガリアロスト~サ終と聞いて~

2021年9月13日月曜日

ドラガリアロスト

t f B! P L


少し前の事。

夜明ける前くらいの朝早くからドライブして海寄りに行ってんで散歩でもしよかな、んで缶コーヒー両手で包み込むように持ちながら海沿いでいっちょカッコつけて、インスタ映えしよかなと思ってたら雨降ってたんで急に時間が余る。


てことでなんか風のうわさで不穏なことを聞いたドラガリアロストを再プレイしてみる。最初から。というかもう関連付けてたニンテンドーアカウントが膨大な電子の情報のゴミに埋もれてしまってわからない。


そう。なんでもドラガリアロスト、サ終に向けて動き出してるらしい。

あれだけきれいな見た目で凝ったゲームなのに。サ終なんて信じられない。なんかちょっと寂しい。もうやってなかったゲームなのに。ウソだと信じたい。


そういう感じで気になってたんでインストール。

サ終がウワサされる元になったおしらせは公式サイトとかでもみれるだろうけど、実際に今ドラガリアロストのアプリがどんな感じなのかも純粋に興味があった。


やっぱりサイゲームズのゲームはダウンロード容量がえげつない。平気で○○GBを要求してくる。

そして2021年8月27日にあったドラガリアロストの今後についてのお知らせをゲーム内で実際に見てみる。


うーん、確かにこれはサ終に向けてじわりと動いてるんだな、と思うしかない文体。

単に開発規模を縮小するだけならもっと書きようがある気がする。もうサ終が決まってしまってるのかそれともいったんロングテール見据えたのかわからないけれどけっこう深刻な事態な気がする。

とりあえず好調ではないのはわかる。


お知らせとしては、

「開発環境を見直し新規キャラなどの更新頻度縮小を11月から行う、3周年アニバは予定通り行う。その後のストーリーやイベント更新などは引き続き予定しており満足いただけるように努める」という内容。

特に一番最後の「務める」という部分がずっとドラガリアロストやってるファンの人からすると不安だろうなと思う。

ストーリーやイベントの更新についても確約できないところまで話が進んでるのか、と邪推してしまう。


そもそもサ終をまったく感じさせないように書くこともできるわけで、例えばコロナ禍で従来の人員が確保できず11月から開発ペースを見直す、とか、3周年を迎えてこれまでとは違う新しい開発環境に移行するので色々な部分で変更点が出てくる、とか書きようがあるのに。

あえてそう書かなかったのは、ユーザーにサ終の現実をある程度今のうちから覚悟してもらうためだろう。


残念。

今さらかもしれないけれどアニバの際にちょっとだけ課金したい。


……



さて。

せっかくインストールして何ギガバイトものデータをスマホに入れ込んだんだから、ゲームもやってみる。

やっぱりものすごいやわらかい感じの雰囲気。UIの遷移もキャラのセリフもすべてすごく作りこまれてるのが分かる。


なんやかんやあって1週間くらいちょくちょくプレイを続けちゃう。ドラガリアロスト思ってたよりもぜんぜん楽しい。

久しぶりにやってみてさらに良くなってるなーと感じた部分としては、


  • 開始すぐに何回でも引き直し可能な50連ガチャがある
  • 武器の育成方法が非常に見やすくなっている
  • 護符がドロップになっていてガチャから出なくなってる
  • 一気にストーリー11章までスキップできる
  • バトロワ的なモードができてる


いや本当にいいゲームになってる。

相変わらずキャラは全員可愛い。ネファリエが好きだったけれど残念ながら数回の50連引き直しでは出ず。諦めて代わりに出たアカーシャとかいうなんかすんごい服装のインドかどっかの神様みたいなキャラで進めていく。


んでストーリー進めてくけどなんかよく見るとストーリースキップっていうボタンがある。試しに押してみると10章まで見たことにするボタン、だそう。

押してみる。


……



いっきにストーリー進んでその報酬のガチャ石とかがたくさん配られる。プレイヤーレベルも60まで上がってその分のスタミナもらえてるらしくスタミナカンストの999。

一気に進みすぎなくらい進む。


でもキャラのレベルはそのまんま弱い。

なのでストーリースキップしてすぐに11章攻略するってのはムリになっている。戦力を上げなきゃならない。この作業に1週間費やしたわけである。

んじゃいっそストーリースキップしなくてもよかった気がしてくる。まいいや。

時間としてはウマ娘のデイリーミッション用時間が割り当てられた。ここ1週間くらいログインしかしていない。同じサイゲームズ内だからぜんぜんおーけーだろう。なにがOKなのかわからないが。


ドラガリアロスト、昔やってた時に何章までストーリーが実装されていたのかもう忘れてるし、そもそもどんなストーリーだったかもおぼろげだった。

なんか主人公の妹が連れさられてて、同じような顔してるキャラが出てきてた記憶しかない。あと味方の竜にコナン君の声の竜がいたことくらい。

こんな状態だったけれど11章から見ても普通にストーリーついていける。


マルチについて見てみる。

マルチの過疎り具合は幻影戦争の比じゃない。たぶんマルチしなくてもソロで周れるからだれもマルチしないってのもある。

あとマルチにゲスト参加してても体力的なの消費してる気がするから、ドラガリアロストでマルチにゲスト参加するメリットが分からない。


にもかかわらず部屋を立てて数分。誰かがさっそうと助けに来てくれる。

スタンプによるやり取りも普通にあるし、全体的にほんわかしてるゲームだよなーと改めて感じる。なんかやったことないけど牧場物語みたいな。ああいう牧歌的なゲームというか。


上ではそのうちサ終しちゃいそう、と書いたけどこの牧歌的な雰囲気を維持したまま、本当にただ単に更新頻度を落としてロングテールに入ってくれるなら、ぜひそうして欲しいし、そうだったらいいなーと淡い期待をしてしまう。


パーティについて。

今現在使ってるパーティはリセマラがんばらなさ過ぎてドラゴンとキャラの属性がまったく合ってないけど何とかやれてる。

昔やってた時もそうだけどとりあえずシュベールはパーティーに加えて、あとネファリエが欲しいけどその後の星5確定チケットでも引けなかったんで適当に穴埋めで星4のオデッタと、数少ない手持ち星5の水着シャノンとかいうのでプレイ。

上で書いたアカーシャはヒーラーだったんでパーティには入れてるけど、基本はオデッタかシュベールを操作してる。

低レアもフィールドでがんがんしゃべるのがドラガリアロストのいい所。


腕立て5回?できるようになったらしいシュベール。口のホクロがいい。気持ちわりーね


ストーリーで一人称俺だから男かと思ってたら水着バージョンがあったシャノン


一番気にってるキャラ、ネファリエ。褐色わらわキャラ女王。役満である。きもちわ…もういいよな。


オデッタ。このキャラデザで低レアとういのがハイクオリティ。こんなん最高レアの風格じゃん。その、なんていうの、あの、帽子の羽?とかさ。あんなん最高レアしかつかないじゃん。


痴女かな。これがヒーラーだなんて誰が思うだろう。アカーシャ


でも。

こんないいゲームなのに売上伸びてないらしい。

たぶんキャラひく必要がないからな気がする。対人戦もないしマルチは上で書いたように過疎りまくっている。

ソロで高難度クエに挑戦するだけっていうのはモチベとして弱い気がする。


他の人が今同じゲームをやってるんだ、ていうのを非常い感じずらいゲームというか。対人による競争も共闘による持ちキャラ自慢もないなら新キャラ揃える人いなくなるんだと思う。


まとめ

ドラガリアロスト、本当にいいゲームだと思う。

一度辞めておいてなにいってんの、て話だけれど、ゲームを作ってる方たちのこだわりが随所から感じられる。

たぶん初期の護符闇鍋ガチャの印象が悪すぎたのと、今でもそうだけどマルチ機能をけっこうおざなりにしてる感を受けるからそこらへんで過疎が進んだ気がする。

もっとマルチでやるからこそなギミックとか、初心者を助けるメリットとかがあればいい気がする。


個人的には辞めたのはそこらへんが理由じゃなくて、任天堂のゲームっていうフレコミでやってたら普通にサイゲの他アプリからキャラが続々輸入されて「ああ結局サイゲームズのゲームなのか」と感じやめた。

そういうの入れるならマリオとかクッパとかピクミンとか使いたいじゃん。


そんでウマ娘でこんだけ儲かってるならドラガリアロストくらい軽々背負えるでしょ。いや背負っていってほしい。ドラガリ運営で発生している任天堂の赤字くらいサイゲームズがスマホゲーの王者たる風格で軽々飲み込んで欲しい。

そんでもういっそウマ娘のキャラドラガリに入れまくってV字回復遂げたらいいじゃん。

ウィンウィンじゃん。


知らんけど。


とりあえずドラガリアロストこのまま終わってしまうのはすごく惜しい。

アクションゲーなんだから、マルチにぎわってたらすごく楽しそうなんだけどな。もちろんオートなんか無しで。


最後に。

ドラガリアロスト、今絶賛ドラガリフェス中。そして9月末から3周年アニバでたぶんまたドラガリフェスが開催される。

一度辞めてしまった人も今回初めてドラガリに触れる人も、今が最後の始め時だと思う。つまらなかったらコーヒーぶっかけて帰ればいいんだから、ね、お願い、一瞬だけ。先っちょだけでいいから。


でもまー、冗談抜きでサ終前に一度やっておくべきゲームだとは思う。完成度がすごい。

記事一覧

最近のコメント

QooQ