FFBE幻影戦争、信銘石のおすすめ付加能力一覧

2021年11月26日金曜日

FFBE幻影戦争

t f B! P L

信銘石関連のまとめページ作ったんで読んでみてね(信銘石について



幻影戦争、信銘石の付加能力、最大値がもうだいぶ研究というか情報公開されてきてる。一番はツイッターの海外の解析サイトを翻訳してくれた情報が役立った。今さら解析がどうのとか気にしないし、わかりづらいものを作ってる運営サイドにも問題がある。

てことで付加能力の最大値についてありがたく読まさせてもらいました。


んで最大値が分かったのならもう後はどれを信銘石にセットするのか、おすすめはどれか、という話になる。

という事でここでは信銘石にセットする、あるいは厳選する付加能力でおすすめのものを一覧で紹介したい。


左側(防御側)信銘石おすすめ付加能力

まずは信銘石の台座、向かって左側の防御的な付加能力をセットできる方のおすすめから。

一番気を付けないといけないのが斬撃耐性アップ、闇アビ耐性アップなど耐性アップ系の最大値が7しかないという事。10あればよかったんだけど7ならSSR武具の+5の方が高いしあんまり最優先でセットしたい感じじゃない。


※カッコ書きの数字は付加能力の初期値。HPアップであれば厳選時4が最大値で、Lv20時に10に到達する

  • ドンアク耐性25(8)
  • 混乱耐性25(8)
  • バーサク耐性25(8)
  • ストップ耐性25(8)
  • 運アップ10(4)
  • HPアップ10(4)


この6つがおすすめ。

斬撃耐性とか闇アビ耐性とか7%盛るならHPを10%盛る方が汎用性が高い気がする(ちなみに○○耐性アップ系はも初期値4)。

5,000食らう攻撃の7%カットという事は350ダメージカット。HP10%アップだと最低でも260、タンクなら400くらい盛れるだろうし、より汎用的なHPアップの方をつけるべきだと思う。

あと魔法キャラは混乱外して沈黙にしたい。


キャラによってはHPアップか状態異常耐性の所を苦手な耐性に変えてもいいと思う。特に闇と光キャラは相手の属性耐性アップをつけるのがおすすめ。


右側(攻撃側)信銘石おすすめ付加能力

続いて右側の攻撃的な付加能力がつく信銘石のおすすめについて。

こっちは相手がどうの、っていう効果じゃなくて装備する側で完結する付加能力だからセットしやすい。


  • 攻撃アップ/魔力アップ20(7)
  • 属性攻撃アップ10(4)
  • 防御/精神貫通アップ10(4)
  • 命中アップ10(4)
  • クリティカルダメージアップ10(4)
  • 武器種別威力アップ10(4)


この6つがおすすめ。

「武器種別貫通アップ10(4)」もおすすめだけど、だいたいどのキャラも2種くらい武器種あるしそこまでこだわらなくていいと思う。例えば2Bなら斬撃通らないなら打撃が刺突してくれる。


魔法職は「詠唱時間短縮200(67)」がすごい強いので、武器種別威力アップ(魔法職の場合は魔法攻撃アップだと思う)かクリティカルダメージアップを外して詠唱時間短縮200をセットするのがおすすめ。

ビジョンカードでも詠唱時間短縮は100しかないのに信銘石で200短縮できるのは太っ腹。なんなら魔法職には魔力アップとかより先に、いの一番に付けたい付加能力。

セイレーンで200、信銘石で200、それから時魔導士なら高速詠唱でさらに250。後は学者でも200くらい上がってるだろう。こうなると1クロック(ほぼ無詠唱)で魔法が発動する。めちゃくちゃ強い(参考:詠唱時間とCT、高速詠唱について)。

ドレスアップグラセラとか信銘石の追加でほぼ全アビ即発動になってると思う。UR版ミーチェである。かなり強い…と思う。


んじゃクリダメアップと魔法攻撃アップどっち外すの?って話だけど個人的には魔法攻撃アップを外す。

魔法職も最近は魔法攻撃と、魔力依存の○○攻撃両方持ってる場合がほとんどだし、そこまで魔法攻撃アップにこだわらなくていいと思う。ここはキャラによると思う。魔法攻撃しかないキャラなら当然クリダメアップを外す。

クリダメアップやクリ率は軽視してる人が多いけど、クリティカル入るだけで人キラー25や属性攻撃アップ25と同じ効果が乗る。今回付加能力でクリダメアップ10をさらに載せてるのでクリティカル出ると人キラーや属性攻撃アップ35が乗ってるのと同じ。

属性攻撃アップ35と言えばビジョン完凸してようやく手に入る倍率。人キラー35に至ってはビジョン単体じゃ到達不可能な領域。ぶっちゃけ勝ちたいならクリティカルはこだわるべきものだと思う。


だから右側の信銘石はデックスがいいと思ってる。アサルトやマジックで攻撃や魔力10%盛るより出せるダメの期待値が上がると思う。おまけに命中10%程度とアビ威力も微妙に盛れるし。


まとめ

今回は信銘石を厳選する際の対象になる付加能力のおすすめを書いた。

これ以外はかなりメタ的な構成になると思うし、汎用的に使うならこの組み合わせがおすすめ。


あとリアクション阻止率は名前がいい感じだし最大値が20と、見切りなどのリアクションを完全に無効化できそうだけど、できない…らしい。

実際に検証したわけじゃないけど、リアクション阻止率の20は、例えば見切りの元々の発動率15%に0.8(1-0.2)かけた結果になる、と。

つまり12%の見切り発動率になる。

あんまり下がらないんで、これ単体でつけてもそんなに意味ない。これからビジョンカードや武具でリアクション阻止率の効果のあるものと合わせて使えば使えそうだけど、現状はおすすめしない。


……



ただ、個人的には付加能力の統合でめちゃくちゃ槌使うのに躊躇してしまってるんで、しばらくは統合せずにそのままの信銘石のまま使っていくつもり。

フルの付加能力12じゃなくて付加能力6でいく。


ぶっちゃけ12個フルで付加能力セットしなくてもそこまで勝敗に影響してこないはず。そんなのより見切りの発動回数とかキャラの動き方の運ゲーの方がはるかに勝敗に影響すると思う。


とりあえず


  • 左側:運アップ、HPアップ、なんかの耐性アップ
  • 右側:魔力アップ、命中アップ、(水アビアップ or 精神貫通アップ)


で厳選したい。



おまけ

今水パ作ってるけど、セリスの何が問題ってセリス入り水パがセリス入り水パをメタってしまってる所なんだよな。

水パがそもそも魔法にタフ、というのをコンセプトにしてるっぽいし、そして強いキャラもだいたい魔法キャラ。

んじゃセリス入り水パに水パが太刀打ちできないという本末転倒なことが起こる。水パの強化になっていないというか。

セリスを他属性パーティに派遣した方が強くなるだろう、っていうのが。裏切り者感がある。


とりあえずんじゃまふうけんされない、水魔法キャラであるエルシレールとレイシェスで行ってみるかな。

記事一覧

最新の記事

読まれてる量と伝えたい内容の齟齬

コメント

QooQ