ウマ娘「奴隷かなんか?」からハマってまうまでの感想

2021年3月5日金曜日

ウマ娘

コメント:2件

t f B! P L

いや、実はさ、オレ、ウマ娘ハマっちゃってんだ。いや、ちゃうねんちゃうねんである。ものすんごい顔の前で手を振りまくってちゃうねん、である。


  • 女の子走らせ競わせそれ見ながら賭け事、その後踊らせまた愉悦
  • あの広いコースを2足歩行で走ってる滑稽さ
  • 規格外シュールすぎて自らの気持ちの持ってき方がわからない
  • てかギャルゲーじゃん


と思っていた。そう。やる前は。

いや、親指がさ、勝手にインストールしちゃってたからさ。その、なんていうかさ、やっぱちょっとのぞいちゃうじゃん。

やってる?みたいなさ。いやホント軽くよ?軽く。一杯だけやるかーみたいなさ。


え?あれ?もしかして暖簾あっても暖簾くぐらないタイプ?


とりあえず暖簾あったらくぐるじゃん。だから飲み屋街とかすごいよねー。一軒入ったら飲み、また一軒入ったらまた飲み。「よ、やってる?」祭り。春の。


まーそんな感じで、とりあえず気づくとアマゾンのファイアタブレットに燦然と輝くウマ娘アイコン。


「やってる?」とプレイしてみたウマ娘の感想を。とにかくすごい面白い。とりあえず最近幻影戦争あんまできてないのはウマ娘が原因である。


ウマ娘の感想

今ウマ娘に対して、なんかヤバい人がやるゲームじゃん、と感じる正常な心を持ってるならぜひそれを大切にしてほしい。

こんなゲームやるべきじゃない。あなたの高潔な心が、倫理観が崩れる危険性がある。


それにである。

そうまでして。ウマ娘やってる、ってすげーいいづらい。自らのイメージに多大に影響する。

男子でいうとブリーフ履いてるのをクラスメイトに知られるくらいのインパクト。

だから、こんなゲームやるべきじゃない。


さて。

今でこそ当初の正常な感覚が鈍ってきてるけど、冷静になるとやはりものすごい倫理観のアプリだと思う。ちょっと見てみる。


女の子を育てる、っていう部分ですでに1アウト、それをコースで走らせてみんなで観戦するっていうミニ四駆感で2アウト、その後踊らせて見世物にするで3アウト。

見方かえれば完全に奴隷。ローマの貴族のお戯れじゃん。グラディエイターを彷彿とさせる。


うーん、やはりプレイヤーサイドのイメージダウンは避けられない闇のゲーム。


……



しかしウマ娘、こんなデメリットばっか抱えてるのに開始すぐにハマっちゃう。


いやどこにハマる要素あんの?あなた危険人物ですか?と自分で書いてても思わずにいられない。けどハマっちゃう。不思議。


本当に始まってすぐ。

やっぱ競馬場の芝の上を女の子が走ってるのをみて、やっぱ思った通りのアプリじゃん、と感じる。うん、大丈夫、まだ僕の倫理観は正常な値を示している。今ドミネーターを向けられても善良な市民でいられる自信がある。


その後チュートリアルが始まって、レースがあって踊りがあって。…おいおい、これマジで奴隷じゃん。と思うと同時に…え、これ映像どうやってるん、すごいな。


と、なんかちょっと旗色が変わり始める。この間約10分。ちょろいもんである。カップラーメン3つ分の時間で心が変わる。こんなやつ信用しちゃあいけない。しかしカップラーメン3つよりは1分長い。自慢したい。


さて、ウマ娘。とにかく映像がすごい。

ウマ娘たち(たぶんウマ娘っていう単語自体、なんかヤバない?というのが一般的な感覚だと思うけど、やってるとあら不思議。ウマ娘という単語が自然に頭になじんでくる)はレース中にゼッケンをつけてたりするけれど、そのゼッケン番号をちゃんと描画してる。

スマホゲーでここまでできる技術が次世代すぎる。


さらに踊り部分。こういうゲームをやったことがないんで普通なのかもしれないけど、レースの着順3位までのウマ娘が踊る。

けっこうキレイ目な映像で。

これもわからん。どういう技術なんだろう。スマホ側でレンダリングなんてできないだろうし、サーバー側でリクエストがあるたびレンダリングしているんだろうか、ある程度キャッシュして。

それともものすごく泥臭く全キャラ順列3着分のムービーを全部サーバーに保持しているのか。本当にわからない。


ウマ娘というキラーワード、走らせ競わせ踊らせてそれを競馬場の観客席から見世物として賭けの対象にしながら見物するっていう奴隷感、倫理観なんてものが完全にゲームとしてのすごさでふっとぶ。


そんなゲーム。

いやふっとんじゃダメなんだけれども。吹っ飛ぶ人が多い…と思う。麻薬かな。


パワプロじゃん

そんな感じで完全に吹っ飛んだんでその後は普通にウマ娘を楽しめるようになる。こうして人間は変わっていくのであろう。


ゲームシステムは完全にパワプロ。スマホゲーでいうとカムライトライブ。ラクガキキングダム。


ただ選ぶウマ娘によってサクセスモードのストーリーが違うってのが骨太でおもろい。ここはパワプロと違う…と思う。最近のパワプロをしらんけど。

とりあえずウマ娘は低レアだろうが高レアだろうがそれぞれストーリーがちゃんとあって、そのストーリーを追いかけるためにレースをこなしていく。


このストーリーがものすごいいい。

ちなみにウマ娘は現実にいた名馬の名前になっているらしい。ハルウララっていうのもウマ娘にいる。

競馬しらんけどハルウララっていう名前は聞いたことある。なんか一勝もできてないけど逆に縁起がいいとかで馬券がお守りとかになったやつ…な記憶がある。


このハルウララのストーリーがよすぎる。

やばすぎるゲームじゃん、と同じように思ってたとしてもハルウララのストーリーだけやってみてアンインストールしてほしいくらい。

完全に狙ったキャラじゃん…、と思うだろうし思ってたけど、有馬記念まですすめたらその狙ったキャラの計算されつくされた描写に感動させられちゃう。ちょろいもんである。


ゲームシステム

だいたいパワプロじゃん、てのは分かったとして、んじゃ最後にウマ娘のもう少し深いゲームシステムをさくっと。

ウマ娘にはキャラとサポートカードの2種がガチャ対象になってて、キャラガチャとサポートカードガチャで分かれてる。

キャラを引くことでそのキャラをサクセスモードで育成できるようになる。これはわかりやすい。

んじゃサポートカードてなんやねん、て話だけれども、要はサクセスモード中に一緒にトレーニングしてくれるサポートキャラのこと。


1体メインキャラ選んであと6枚サポートキャラ選んでサクセスがスタート。そんな感じ。


サポートカードによってサクセス中に固有のイベントが発生し、ステが上がったりスキルを覚えたりする。

てことで序盤はサポートカードが大事っぽい。


サクセスモードではキャラによって目標レースとクリアになる着順が決められていて、レース日までにどういうステを伸ばせばクリアできるか考えながらトレーニング、あと確率で発生するイベントをこなしていく感じ。

完全にパワプロのサクセスモード。


レース部分はパワプロと違い完全にオートで見るだけ。

競馬とか普段まったくやらんけどけっこう手に汗握る。実況とかカメラワークとかときどきテレビ見る競馬に近くてここもクオリティがものすごい高い。だからこそ走ってるのがウマ娘というのが最初シュール。

繰り返しになるけどシュールに感じてるのは最初だけで、けっこう応援しちゃってたりする。

いやすげー気持ちわりーね。でもしゃーない。なんかそういう気持ちになる、そういうゲーム。吹っ飛んだ先には応援する心が芽生える。


あとは因子・継承システムみたいな馬の血統的なシステムもウマ娘にはあるけどこれはまだよくわからん。


まとめ

ウマ娘について感想を書いた。

うーん、最初はまじですぐやめるつもりでいれたんだけれど、ものすごい楽しい。

  1. へーテクノロジーすごいじゃん
  2. あれ…作りこみすごいな
  3. ストーリーも骨太で面白い
  4. 結局手に汗握っちゃう


そう、すぐ手に汗握っちゃう。

んでハマる。そりゃもう手に汗握っちゃったらハマっちゃうわな。


最初にネガティブなイメージがすごすぎて、地底から富士山ギャップ効果が働いたのかもしれない。地底から富士山ギャップ効果は今作った。


あと今はハマってるけどやっぱサクセス系って攻略方法みるととたんに作業になる…はず。

最強キャラこだわろうものなら「このタイミングでこの確率50%のイベント起こらないとか、まじついてないな」みたいなイライラしか生まないゲームになるんで、もしウマ娘やるつもりならマイペースになんも見ずにやるのがいい、と思う。


ようやっとエアグルーヴでURA決勝クリアできた。やったぜ。

記事一覧

最新の記事

FFBE幻影戦争、やっぱダメだな

最近のコメント

QooQ